堅気屋倶楽部

★2001年7~9月のお客様★

  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。

幻のメニュー「かしわ焼き」
近所のテッちゃん
(好きなキャラクター:竹本ヨシ江):01/07/02 23:27:26
みなさんこんにちは、じゃリン子チエを愛してやまない近所のテッちゃんです。
でもまさかじゃリン子チエの研究をしているHPが存在しているとは驚きました。
で、このHPで推進しておられます「じゃリン子チエの秘密」なる単行本を遅ればせながら購入し、読みふけっておりましたところ、幻のメニューの「かしわ焼き」がいったいなんたるものなのか、記載されておりましたのでその情報提供を致します。(すでに判明していた際はどうかご了承下さい。)
私は現在、神奈川県に在住致しておりますが、出身はもともと大阪の大正区で小学校5年生まで過ごしたのですが、まだ私が幼い頃、近所の肉屋の一角にホルモン焼きが売られていたのですが、その店で売られていた商品の中に確かに「かしわ焼き」が存在していました。
昭和44年ごろだったと記憶していますが、当時としてはごくごく一般的に売られていた商品で、鶏肉の手羽先を串にさしてホルモン焼きと同じようにタレに付けてガス台で焼いていました。父親と銭湯に行った帰りによく立ち寄っていた立ち飲み酒屋のおつまみにもありましたよ。(もちろん私は子供ですからジュースだけですけど...)
ちなみにその肉屋で売られていた商品のホルモン焼きは当時1本10円、鳥のレバーを焼いたキモ焼きが15円、そしてかしわ焼きが40円でした。当時私の一日の小遣いが20円だったので、かしわ焼きは高値の花でした。でもたまに父親から買ってもらって食べたときは骨までしゃぶって食べた記憶があり、本当に懐かしく思います。

昔、近鉄百貨店で…
トシロー
(好きなキャラクター:小鉄(どこかに眉間と胸に三日月のある灰色の猫いませんか?)):07/04 23:56:03
第7巻12話「鑑別所同窓会の巻」で、てっちゃんが「南棟竹本班」の班員を紹介する中、コロッケを紹介するときに、「こいつは近鉄百貨店でコルト45を盗んだ奴や」と紹介していますが、もしかしてこれって本物?そんな事はないでしょう、おもちゃでしょうけど、他の者は、「番台から金をくすねる」とか、「警官のピストルを撃った」とか、それに比べると(昔のおもちゃのことを考えると)なぜその程度で?と思いますが、みなさん如何でしょうか。(もちろん、窃盗には違いないでしょうが)

ばくだんの材料の由来
まつうえ
(好きなキャラクター:すぐにはでません。考えさせて下さい。):01/07/05 12:44:58
先日近所のスナックできつい酒について盛り上がりました。ある人は「アブサン」といい、またある人は「テキーラ」と言っていました。そこで僕は「昔ばくだんっていう酒があったそうですけど、かなりきついんちゃいます?」と言いました。
そしたら店のマスターが「そやそや。昔はアルコールがすくなかったからメチルアルコールっていう工業用アルコールで飲んでたんや。あれは失明するで。飲むと眼が散るからメチルアルコールっていうんやで」
眼が散るからメチルか。疲労がポンと飛ぶからヒロポンっていうのと変わりませんな。
誰が考えたんやろ?

今日で三回目(Re;帰って来た!!)
平社員A
(好きなキャラクター:はるき悦巳):07/06 20:58:01
 順調に続いていますね。次回以降も楽しみにしています。
 ただ、はるき先生も、すでに漫画家としてはお若くはないのですから、くれぐれもお体だけは壊さないように気をつけていただきたいと思います。過去ログでもどなたかが書いていらっしゃいましたが、週刊連載というのは、とにかく心身に負担がかかる仕事だと聞きますから。
 と、いうわけで
「はるき先生、がんばらないで下さい!!」

「人間発電機」って?
平社員A
:07/07 20:42:44
 「人間発電機」って、誰のことでしたっけ?
 「石のコブシ」と「動くアルプス」は、わかるんですけど。

Re:「人間発電機」って?
ライムライト
(好きなキャラクター:ヒラメちゃん):07/08 08:59:01
確か昔活躍した外国のプロレスラーの強さを表すための表現だったと思います。
誰だったかなあ…
ブルーノ・サンマルチノ…?
う~ん、自信がない(^_^;)

ライムライトさん感謝いたします。
平社員A
:07/08 16:57:05
 レスありがとうございました。
 今、風見鶏ねっと経由で検索をかけてみましたら、どうやら、ブルーノ・サンマルチノで間違いなさそうです。
 ただ、それ以上詳しいことはわかりません。何かご存知の方は、ご教示下さいな。

横レスですんません
ヘル
(好きなキャラクター:小鉄):07/09 22:54:53
じゃりン子チエ&プロレスファンのヘルと申します。
正確にいうと、『人間発電機』ではなく『人間発電所』ですね。
彼がブルーノ・サンマルチノですね。
WWFの一時代を築いた『WWFの帝王』とも呼ばれた男です。
昔のプロレスラーにはこういったファンタジー溢れるニックネームが数多くつけられていました。
『人間風車』『人間山脈』『不沈艦』『黒い呪術師』『仮面貴族』などなど。
チエちゃんに関係ない話で失礼しました。

おおきに!!
平社員A
:07/10 20:02:57
 大変勉強になりました。

その後のどらん猫、単行本化希望
まつうえ
(好きなキャラクター:すぐにはでません。考えさせて下さい。):07/11 12:38:48
まだ見てないんです。「無料でダウンロードできます」と言われても家のパソコンにはアクロバットがないんです。アクロバット購入するだけでお金かかります。会社では見る暇ないし。
やっぱりマンガは本にするのがいいですわ。双葉社さんも単行本化に踏み切ってくれないかなあ。

Re:その後のどらん猫、単行本化希望
森 絢女
(好きなキャラクター:マサル):07/11 17:08:34
アクロバットって、無料のプラグインだけで見れますよ。
購入する方って、アクロバットのファイルを作る方でしょう?
見るだけなら、ダウンロードして来たら見れます。
最近のパソコンだと最初からプラグインが入っていること多いですけどね。

「良い子、悪い子、普通の子」
灰江奈(平社員A改め)
:07/15 22:43:22
 「百合根カオル論」(5月31日の私の発言参照)の執筆準備を進めていたら、タイトルの「良い子、悪い子、普通の子」というフレーズが、何の脈絡もなく頭に浮かんできました。
 そこで考えてみると、カオルが作中に登場した時期と、「良い子、悪い子、普通の子」が流行した時期と、ちょうど重なるんです。ということは、カオルのキャラクターを作ったとき、はるき先生の頭の中にこの「良い子、悪い子、普通の子」というフレーズがあった可能性が高いのではないか、と。
 だからといってどうということもありませんけどね。
 論文中に書くほどの事もない、しょうもないことなので、とりあえずここに書いておきました。
 「良い子、悪い子、普通の子」……
 チエちゃんは、どの子が一番好きかな?(私なりの考察については、論文中で……。完成は、まだまだだいぶ先になりますが。)

Re:「良い子、悪い子、普通の子」
大天井
(好きなキャラクター: チエ、朝子 ):07/15 22:52:26
> チエちゃんは、どの子が一番好きかな?

やっぱり普通の子じゃないですかね?
だってチエちゃんは、「ウチはいつでも普通の少女に戻りたいんや」って言ってましたから。


Re:「良い子、悪い子、普通の子」
灰江奈(平社員A改め)
:07/17 06:27:36
 大天井さん、
 大変迅速なレスを下さったらしく、まことにありがとうございます。
 私は、「良い子」の味方ですが(笑)、「悪い子」も馬鹿にできないと思ってます。彼の支持者の方も結構いらっしゃるようですね。

はじめまして
まい
(好きなキャラクター:小鉄):07/17 15:08:51
ファミコンの攻略法を知りたくてこのHPやらかきこみやらみさせてもらったんですけど楽しくて私も書き込みしたくなりました。
なにかネタはないものかと思って考えてたら‥‥ありました!!
実は私の家系は兵庫に代々住んでるんですけどおばの知り合いの絵の先生のところのに原作者はかけだしのころ居候してたそうです。その後売れっ子になっても畳のせまいアパートで(漫画の臨場感をだすために)漫画をかいてたとか?!

論文の経過報告
灰江奈(平社員A改め)
:07/18 21:44:19
 論文作成のため、ひまを見つけて少しずつ原作の再検証をしているのですが、やっと10巻まで検証し終わりました。でも、またすぐ忙しくなるので、いつになったら検証し終わることか、まったくわかりません。
 正直言って、「じゃりン子チエ」をこんなにしんどい思いで読んだのは初めてです。まぁ、後半の巻は、話の密度も薄いし、ページ数も少ないから、どんどん楽になりますけど(苦笑)。
 自説については、5月31日の時点から変化していないので、全巻を検証し終わったあとで、これがまた変化することがあれば申し上げますが、多分変わることはないでしょう。

『百合根カオルは、「じゃりン子チエ」の作者・はるき悦巳が「チエの恋の相手」として創造したキャラクターである。作者は、チエとカオルとを中心に、マサルやコケザルも絡めた恋物語を大々的に描くつもりでいた。しかし、どういう理由からか予定が変更され、カオルはその後登場することはなかった。』

 私も、4月にここで発言した時には、上記の「事実」に気付いていなかったのですが、その後、この「発見」をして、驚いたのです。
 決して、カオルに対する贔屓の引き倒しでこんなことを言っているのではありません。原作の中にちゃんと証拠が転がっているんです。
 無論、「状況証拠」に過ぎませんので、納得できない方もいらっしゃるでしょう。しかし、一人でも多くの方に納得していただける論を展開できるようにするため、全巻の再検証を行っているわけです。自説の正しさについて、自分の中には確信を持っていますが、自分が納得することと他人を納得させることとは違いますからね。
   4月の議論のときに「チエとカオルを無理矢理結びつけようとしていませんか?」と言われましたが(決して根に持っているわけではございませんので、悪しからず。)、私の目から原作を見ると、むしろ「チエとカオルを無理矢理結びつけまいとしていませんか?」としか思えません。
 なにしろ、問題は作品の核心に関わることだけに、慎重に議論を進めることができるよう、厳重に「証拠固め」をした上で発表するつもりです。
 ただ、こんな厳しい世の中ですから、論文完成まで自分が無事で今の生活を続けることができるかどうか、本気で心配しています。
 私が挫折したら、どなたか心有る方、あとを引き継いで下さい。また、今からでも、私の先を越したいという方がいらっしゃれば、遠慮なくどうぞ。
 そういうこともあって、わざわざ経過報告などをしているわけです。


実は
伊藤 顕
(好きなキャラクター:ヨシ江さん。):07/19 23:49:10
実は3ヶ月ほど前に論文を書きはじめていました。
マサルとその両親が題材です。
しかし、原作も全部読みかえしたところで、長期出張となって仕上げができてないんです。
灰江奈さんの論文とかち合わないように出したいとは思ってるんですが…(内容はたいしたことないのであるが!)
以上なんとなく報告です

Re:実は
灰江奈
:07/20 02:37:04
 「かち合わないように」とは、「時期的に」とゆう意味ですか?
 それでしたら、こちらは、それこそ何年かかるかわかりませんので、ご安心(?)を。全巻検証し終わったら、また経過報告いたします。
 マサルの父親は、原作中に姿こそ表しませんが、なかなか大した男らしいですね。

Re:実は
伊藤 顕
:07/22 01:13:38
そうです。丸一年間論文が無くて、自分も西萩探検記以来2年近くご無沙汰だったので誰も書かないのであれば…自分のつまらないものであれば…というつもりで書き始めたもんで。
せっかくだから時期的にかち合わない方がいいんじゃない?

> マサルの父親は、原作中に姿こそ表しませんが、
> なかなか大した男らしいですね。

ぁあぁ、それをここで言われてしまっては論文を書く意義が無くなって来てしまうので、どうぞそのことはご内密に…(いまさら無理)


Re:実は
灰江奈
(好きなキャラクター:マサル):07/22 02:19:15
 「つまらない」などと卑下せんといてください。
 伊藤さんにそんなことゆわれたら、私がやりにくくなりますやん。

> > マサルの父親は、原作中に姿こそ表しませんが、
> > なかなか大した男らしいですね。
> ぁあぁ、それをここで言われてしまっては論文を書く意義が無くなって
> 来てしまうので、どうぞそのことはご内密に…(いまさら無理)

 すいません。そう思って、わざと詳しいことは伏せた… つもりだったんですが。
 ついでながら、ちょうど八多利喇叭先生の登場するあたりまで読み終わりました。


あれ??
おっさん伯爵
(好きなキャラクター:タカシ):07/19 21:03:43
双葉社のじゃりン子チエオフィシャルページ
表示されませんけど、なくなったんですか?

ちゃんと、見れますよ
堺のテツ
:07/19 21:28:05
21時現在、見れますよ。
もう一度トライされては?

その後のどらん猫を見て
まつうえ
:07/20 00:31:11
我が家のパソコンから、双葉社Webマガジンのサイトでようやく「その後のどらん猫」を見ることができました。
しかし、その三以降からダウンロードすると白紙。なのに、画面の左端に「ページが表示されました」とでています。
僕がテツなら「何が表示されとんねん!」とパソコン投げてるでしょう。誰かその三以降を見る方法教えてください。

ひょっとすると
とりちゃん
(好きなキャラクター:ジュニアちゃん):07/20 00:51:52
「表示されない」という投稿があって、まつうえさんの報告があるということは、昨日から今日にかけて双葉社のサーバーは不安定なのかも知れませんね。
日を改めてダウンロードしたほうがいいかも。

Re:ちゃんと、見れますよ
おっさん伯爵
:07/20 02:32:02
どらン猫の載っている
http://www.futabasha.co.jp/web_mag/index.html
は見れるんですけど、その前にパチンコがらみで作られた
http://www.futabasha.com/chie/
こっちのほうが見れないんです……
ウチだけなのかなあ……

Re:ひょっとすると
あづまひろと
:07/22 22:19:23
Regetをつかってダウンロードしたら見ることができましたよ。
普通にダウンロードしようとしたときは、私も白紙しか見ることができませんでした。
あ、みなさま、お久しぶりです。

Re:ひょっとすると
まつうえ
:07/29 00:33:32
会社のパソコンでダウンロードしたら見れました。
お騒がせしました。

8月よりホームドラマチャンネルにて「じゃりン子チエ」放送開始!
HDC
(好きなキャラクター:小鉄):07/23 15:48:40
2001年8月より「じゃりン子チエ」がホームドラマチャンネルにて放送を開始いたします。
ホームドラマチャンネルはSkyPerfectTVにてご契約の上、ご視聴できます。よろしければ、ご覧になって下さい。
http://www.homedrama-ch.com/

スカイパーフェクTV!
マイル
(好きなキャラクター:チエちゃん!):07/26 01:09:52
最近スカパーに加入してどのチャンネルを見よう?と思ってたところなので、「ホームドラマチャンネル」は見ることに決定しました!!
情報ありがとうございます。

追加契約!
tk
(好きなキャラクター:小鉄):07/28 19:28:55
自分で録ったビデオがかなりくたびれてきて、ビデオ出てないかなあと調べてたらこのページへ。
そこにこのカキコ!
ソッコーでホームドラマチャンネル申し込みました。
スカパー1年以上、ろくに見てなかったけど、契約してて良かった~♪
情報ありがとうございました。

丸太とヒラメ
灰江奈
(好きなキャラクター:ヒラメちゃん):07/24 01:39:02
 一人っ子ばかり多い「じゃりン子チエ」世界において、丸太とヒラメの関係は、珍しい兄妹関係です。
 彼と彼女の兄妹愛をテーマに論文を書くことも可能でしょう。原作をあらためて読み返してみて、そう思いました。
 ただ、私は、「百合根カオル論」だけでもええかげんしんどいので、ほかのテーマに手を出すことは不可能です。どなたかやりたい方がいらっしゃれば、どうぞ。

赤福
やっぱりチエちゃん
:07/24 16:32:37
先日、名古屋に単身赴任している父が赤福を買ってきてくれました。久しぶりに食べたのですが、おいしいの一言に尽きますね。
その時、ふとテツ以外の竹本家のメンバーがおいしそうに食べているシーンが自然と思い出しました。
今から、ビデオでそのシーンを見ようと思います。

研究本について
灰江奈
:07/26 22:03:10
 『「じゃりン子チエ」という生き方』(長尾剛著、双葉社)は、サッパリ売れることなく絶版になってしまい、今では極めて入手困難らしいですが、私としては、あの本はもっと売れても良かった気がします。
 私見では、あの本の一番偉いところは、タカシについてわざわざ一章を設けて論じているところです。あのタカシ論は秀逸だと思います。
 『じゃりン子チエの秘密』は、今でも一般の書店で注文できますが、在庫僅少らしいですね。
 いよいよ品切れとなったら、いかがなさるんでしょうか。どうせなら、全巻のデータを掲載した「増補改訂版」を出すべきだと思うのですが(まぁ、なかなかそうはいきませんか。)。

3COINSコミック
大天井
:07/28 00:52:20
8月17日に3COINSの続き(テツが骨折で病院に入院したエピソードくらいか?)が発売されます(予定)。

のりかえ
花園北のテツ
(好きなキャラクター:チエ):07/28 18:00:21
南海萩ノ茶屋駅は、地下鉄四つ橋線の乗り換え(花園町駅)に利用することがあります。萩之茶屋駅前の商店街(旧西萩町)を西に進み、国道26号線を少し南に歩くと、地下鉄花園町駅です。

マサルとヒラメ
灰江奈
:07/30 06:30:35
 原作をあらためて本格的に読み返すと、色々と感じることがありますが、その中で、今回は、マサルとヒラメについて書きます(と、わざわざいうほど大したことではありませんが)。
 「サディスト・小林マサル」によれば、マサルのイジメの標的はチエであって、ヒラメはあくまでも「ついで」であるとのことですが、そうとばかりも言えないような気もします。
 例えば、下のような会話もあります。
(マサル)「よーし 行くど 反撃や」
(タカシ)「マサル~~~」
(マサル)「今日はチエとヒラメのダブルヘッダーやど」
(タカシ)「ヒラメとこも行くんか」
(マサル)「当たり前やないか。今日から夏休みやからな。これから午前中は テッテ的にチエとヒラメの弱い頭をグチャグチャにやったるど」
(タカシ)「グチャグチャ…」
(第19巻第3話「コケザル始動の巻」)
 また、マサルは、「ヒラメ用」の悪口ノートを「チエ用」とは別に大量に書き溜めたりもしています(単行本第25巻第8話「マサル宿替いの巻」)。
 「本命」はチエだとしても、ヒラメは、「ついで」というよりは、「次点」くらいの存在ではあるのではないでしょうか。

ヨシ江がホルモンを焼く時
灰江奈
:08/05 21:35:56
 ヨシ江がホルモンを焼いている場面が描かれているのを見た覚えがありません。どなたか見たことがおありですか?
 テツが焼いているのはしょっちゅう見るんですけどね。
 ヨシ江も時々チエに頼まれて店番したりしていますから、その時は自分でホルモンを焼いているはずだと思うのですが、そういう場面が絵に描かれたことがないようです。なぜなんでしょう。

Re:ヨシ江がホルモンを焼く時
ライムライト
(好きなキャラクター:ヒラメちゃん):08/06 07:14:17
飛田の弟がチエちゃんの店に来た時、ヨシ江さんがホルモン焼いていたことがありました。チエもテツも具合が悪くなって押入に閉じこもってしまいヨシ江さんが店をやらざるをえなくなった、といういきさつだったと思います。
その他、もう1シーンぐらい見た記憶がありますが、こっちははっきり思い出せません。

Re:ヨシ江がホルモンを焼く時
灰江奈
:08/06 08:03:29
 レスありがとうございました。
 今確認しましたところ、第5巻第11話「内股がやって来た"オエ"の巻」ですね。たしかに、はっきり絵に描かれていました。
 わたくし、今回、論文執筆のためあらためて第一巻目から順番に読み返しているにもかかわらず、恥ずかしながら上記の場面は頭から抜け落ちておりました。
 しかしまぁ、この問題は論文のテーマとは無関係ですので、と言い訳しておきます。
 ついでに申し上げますと、今「「下駄履きグルメの店」繁盛記の巻」を読んでいるところです。

ちょっとおたずねします。
灰江奈
:08/06 22:05:13
 ジュニアのセリフで、下のような感じのものがあります。

 「ゆうとくけど 労働を提供するだけが苦労やないど。オレみたいに愛情の地雷原みたいなとこで身動きの取れん生活するのも大変なんやど。」

 このセリフ、メモすることなく読み飛ばしてしまったのですが、もしかしたら重要かもしれないという気もしてきました。
 しかし、どの場面で出てきたセリフか思い出せません。
 すぐに思い出せる方がいらっしゃったら、教えてください。
 あ、わざわざ調べるには及びません。


矢井田瞳はチエちゃんのイメージにぴったり
とうがらしマヨネーズ
(好きなキャラクター:アントニオ(剥製)):08/07 17:39:25
大阪生まれの大阪育ちである人気シンガー、矢井田瞳さんは、マンガでいえば「じゃりン子チエ」のチエちゃんのイメージにぴったり合っています。しゃべりもチエちゃんを彷彿させるかのようです。
再びアニメ化された場合、チエちゃんの声はヤイコ(矢井田さんの本名)がやるかと思います。
管理人さん、ぼくの意見いいと思いますか?
初めてこのページにお邪魔して申し訳ありません。

Re:ちょっとおたずねします。
トシロー
:08/08 23:59:31
やっぱ気になるので、調べてみましたら、見つかりました。
27巻第9話にありました。そのせりふの出た状況は、

-----
前巻の「おむすびの次郎吉親分」の言っていたことを確かめに、コケザルのところの猫と一緒に東京に行ったジュニアを追っかけていった小鉄。それぞれの飼い主が心配しているところに、顴骨先生に連れられて帰ってきた三匹。小鉄はその後旅行疲れからチエちゃんのお手伝いもせず、うたた寝をしてばかりだったので、「失点バン回」とばかりに、チエちゃんの店の掃除をしたのでした。それを見ていたジュニアが、最初は「おまえ大丈夫か」と心配?したのだが、理由を聞いて「お互い苦労するな」と言ったところ、小鉄が「おまえのどこが苦労や年」と反論。
そこでこのせりふがジュニアから出たのです。
-----

と言うようなところです。何があったかは、皆さんなら解るでしょう(漫画の中では語られていないが)


ありがとうございました!!
灰江奈
:08/09 00:07:34
 さっそく確認いたしました。
 大変助かりました。お礼申し上げます。

『映画と竹本家』に一言二言。
ギター・マフィア
(好きなキャラクター:小鉄):08/10 01:38:59
初めまして。
斉藤さんの論文『映画と竹本家』を読ましていただきました。
とても細かいデータに乗っ取った論でとても興味深く読まさせていただきました。
で、気づいたことを少々。

まず、テツのNo.1の映画、「無職の男七人とヤクザ(野盗)が大ゲンカするやつ」はズバリあの黒澤明の名作、『七人の侍』です。菊がその映画の中の<テツに良く似ている>男とは三船敏郎です。そう、実はテツの顔はよく見れば分かるように、三船敏郎そっくりなのです。また、その後のテツのセリフでも分かるように、テツも大の三船ファンのようです。
そう、それもそのはず、実ははるき先生は黒澤映画の大ファンなのです(『ガチャバイ』下巻のあとがきなど参照)。
それを決定的に証明するのが『どらン猫小鉄』。
なんとこの作品、全編を通じて黒澤監督のあの『用心棒』のパロディなのです。

そんなわけで、『黒澤明とはるき悦巳』なんて結構おもしろいお題かも・・・。


Re:『映画と竹本家』に一言二言。
とりちゃん
:08/10 02:50:05
ご指摘ありがとうございます。
映画ファンであれば往年の名作なのに…と言われそうですが、どうも、この時代の映画にはうとくて、読み飛ばしておりました。
ギター・マフィアさんのご指摘は「時代考証」のページでフォローしたいと思います。
これからも関じゃり研をよろしくお願いいたします。

第34巻
灰江奈
:08/10 05:59:42
 今、コミックス第34巻を読み始めたところです。
 この巻にはいろいろな話が詰まっていて、この時期においては比較的中身の濃い巻であるような気がします。
 カオル君について言うと、はるき先生が彼のことを大切に思っていたことは、私には原作から痛いほど伝わってきます。少なくとも、彼を最初からあの程度の登場回数で終わらせるつもりだったということは絶対にないはずです。(論文中で根拠を示して説明します。というより、5月31日以降の経過報告を読んでうすうすお気づきの方もいらっしゃることでしょう。)

自己レス
灰江奈
:08/28 23:21:52
 諸般の事情により、ただ今、第34巻を読み始めたところで手が止まってしまっています。
 しかし、論文執筆は大変な作業であることは承知していましたが、実際にやってみると想像以上ですね。
 このページや『じゃりン子チエの秘密』を書くことが並大抵の仕事でないことを、あらためて感じることが出来ます。

お疲れ様です
菊地馨@関じゃり研
:08/29 07:56:13
無理をせず、ぼちぼちと薦めていってください。
完成を楽しみにしています。

じゃりん子チエDVD完全版いつ発売?
美樹
(好きなキャラクター:チエちゃん):08/10 17:51:14
誰かじゃりん子チエのDVD完全版の発売日を知っている人教えてください!
ずっと楽しみにしてるけど、今アメリカに住んでいるので情報が入って着ません。アメリカ人にじゃりん子チエの面白さを見せたい(関東人にも)!
誰か知ってますか?

Re:じゃりん子チエDVD完全版いつ発売?
納豆
:08/10 20:56:24
↓東京ムービー社のHPからです。

[247] おこたえ 投稿者:東京ムービー 投稿日:2001/06/06(Wed)
> 242 たこやき様
「じゃりン子チエ」DVD化に関して、こちらのコーナーでも度々リクエストをいただいております。ありがとうございます。今のところは何もお知らせできず申し訳ないのですが、ファンの皆様の熱意を担当者も十分感じているようです。
…具体的な進展はないようですね~
http://www.tms-e.com/cgi-local/qanda_bbs/bbs.cgi


Re:じゃりん子チエDVD完全版いつ発売?
納豆
:08/10 21:11:28
追加、
アメリカ人というか外国の人に「じゃりン子チエ」が理解できるかな~?
小津安二郎とかがわかる人ならわかるかも(笑

Re:じゃりん子チエDVD完全版いつ発売?
大天井
:08/11 00:55:35
じゃりン子チエってアメリカでは Chie the Brat っていうらしいです。

横レス失礼
灰江奈
:08/11 04:45:23
 研究社「リーダーズ英和辞典」第2版によれば……
 brat/ちび,(無作法な)小僧[あまっ子],(うるさい)ガキ,
 若造;職業軍人の息子[娘].

Re:じゃりん子チエDVD完全版いつ発売?
菊地馨@関じゃり研
(好きなキャラクター:チエちゃん):08/11 09:50:32
過去ログに「じゃりン子チエ」がアメリカで放送されていたという投稿があります。
その時のタイトルは「DOWN TOWN STORY」とのこと。
詳しくは98年2月5日と同年2月10日のふーきゃんさんの投稿をご参考ください。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/5995/katagiya/981.htm

じゃりン子チエ用語について。
つーくん
(好きなキャラクター:アントニオジュニア):08/12 16:46:24
初めてここに書き込みします。じゃりン子チエは大好きな作品です。
漫画もアニメもそれぞれ特色があり、またどちらも楽しいですね。
じゃりン子チエ用語を読んでみました。そこで思い出したのですが、アニメの再放送の時、カットされている言葉とかありました。確か「ポ○ボックス」「○の腐ったような」「○ロンボ(お菓子の名前)」とかが、その部分カットされてました(まだ他にもあるでしょうが)。
これは、DVD化されたときはきちんと収録してほしいです。(差別的な言葉を促進しろという立場でないことははっきり述べておきます。手塚作品で示されているような趣旨が自分としては近い立場です)
それはおいといて、自分が用語に追加してほしいなあ、と思っている言葉があったりするんですよね。愛知出身の自分がアニメを観てて、あれ、と思ったりしてた言葉ですが、「ごんた」とか。それと、チクロがあるのなら、サッカリンもあるといいですね。また、「しゃあない」があるなら、「しょーもない」も説明しておくとか。
どうでしょうか?
一番好きなキャラクターは悩みました。
部門別で『リアクション部門』とかあるのなら、おじいはんがなかなかいい味を出している気がします。

Re:じゃりン子チエ用語について。
菊地馨@関じゃり研
:08/13 00:23:43
いらっしゃいませ。
貴重なご意見をいただきありがとうございます。

> それはおいといて、自分が用語に追加してほしいなあ、と思ってい
> る言葉があったりするんですよね。

リクエスト(?)をいただければ、どんどん追加していきます。
ちなみに「ごんた」は「やんちゃな男の子」、「しょーもない」は「くだらない」「つまらない」という意味になります。
「サッカリン」は確か人工甘味料だったはずです。こちらについては正確な意味を調べて、ホームページのほうに追加しておきます。

> 一番好きなキャラクターは悩みました。
> 部門別で『リアクション部門』とかあるのなら、おじいはんが
> なかなかいい味を出している気がします。

このアンケートは「堅気屋倶楽部」が出来てから、ずっと行っていたんですが、設定や質問を変えると、ログもろとも消えてしまうために、そのままにしています(笑)。
その代わりに電子投票所を設けています。次回の設問更新の時には、皆さまから設問案を募集したいと思っています。
ちなみに、今の設問も、この掲示板で募集したものです。


Re:じゃりン子チエ用語について。
つーくん
:08/29 22:45:47
いくつかの用語の早速の追加ありがとうございます。
じゃりン子チエをこれから知ろうとするための人に、この用語集が役立つといいですね。
日本語のいろいろな側面が簡略化されて、面白みが欠けるような言葉の世界になった気がしてしようがありません。
じゃりン子チエとは少し違う方向となりますが、こういった意味では井上ひさし氏の「吉里吉里人」もなかなか味があるので、おすすめです。

「ばくだん娘の幸せさがし」の価値
まつうえ
:08/17 12:26:19
先日初めてヤフーのオークションを見ました。
試しに「じゃりん子チエ」で検索するといろんなグッズが出てきました。
そのなかである意味驚いたのは、「ばくだん娘の幸せさがし」が5000円で売られていました。新品とはいえ高いと思うのは僕だけでしょうか?
そう思って調べていくと、他の人が中古でソフト2本付きで500円で売られていました。
皆さんはこの値段をどう思いますか。
僕は10年前にクリアしましたから、500円でも高いと思います。もうファミコンを捨てたというのが主な理由です。

Re:「ばくだん娘の幸せさがし」の価値
LEMONTREE
(好きなキャラクター:マサル!!):08/21 01:23:23
こん○○は!
ヤフーオークションは結構チエちゃんグッズが多いですから、ついつい見てしまいますよね~。
ただ値段に関しては人によって価値観が違いますからねぇ?
「500円でも高い」と思う人がいれば、僕のように「600円」で実際に買った人間もいます。
流石に千円札五枚は出す気にはなりませんが、僕がソフトを持っていなければ500円で入札したでしょうね。

> ファミコンを捨てたというのが主な理由です。

捨てずに置いてる人も当然居ますよね?
人それぞれやと思いますよ。
んでは!


ホルモンのタレの材料
灰江奈
(好きなキャラクター:チエちゃん):01/08/19 22:05:50
 原作中では「チエちゃん」のホルモン焼きのレシピは公開されていませんが、現在発売中の3Coinsアクションオリジナル「恐怖の選択!?仲人テツ」には、ホルモンのタレの材料と作り方が詳しく書かれています(第94~95ページ)。
 これは、公式資料として認められるべきか否か。

怒りが爆発するとき
灰江奈
:08/20 23:21:30
 普段優しい人ほど、一旦怒り出したら手がつけられないのが常です。
 お好み焼屋のオッちゃんは、自ら下のように語っています。

 「酒抜きでおまえ(註:テツ)の相手なんかしてたらワシ その内に爆発してしまうど。」
 (単行本第36巻第3話「「人間マンホール」なんてカモの巻」)

 つまり、普段は、酒で適当にストレス発散することによって「爆発」を抑えているというわけですね。
 また、ヨシ江に関して、チエとおバァは下記のようにコメントしています。

 (おバァ)「ええかげんにしとかんと ヨシ江はん 爆発しまっせ。」
 (チエ)「お母はんがおこったら もぉ誰にも止められんど。」
 (単行本第25巻第7話「「ヨシ江ちゃん」で大騒ぎの巻」)

 ヨシ江が「爆発」した場面というのは、原作中で見た覚えがありません(強いて挙げれば、単行本第13巻第12話「ヨシ江はんの一発の巻」における例の場面がややそれに近いかも知れません。)。しかし、おバァとチエは、それを目の当たりにしたことがあるようです。
 察するに、それは、ヨシ江が家出したときではありますまいか?
 おバァやチエら竹本家の人々がヨシ江に決して頭が上がらないのは、一つには、「爆発」したときのヨシ江の怖さを身をもって知っているからではないか、とも思えるのですが、いかがでございましょうか。


Re:怒りが爆発するとき
堺のテツ
:08/22 22:50:31
「怒り爆発」とまではいきませんが、ヨシ江はんが大声でチエちゃんを叱る場面が一回だけ出てきますね。
1巻「テツの薬はゴロンパー」でチエちゃんが「テツは神経がないねん」と言ったとき。
「チエ!!」の一声だけでしたが、あの時のヨシ江はんは全巻通じて一番怖い顔、してますね。
ただ、アニメの時はやんわりした言い方に変えていましたね。
家族以外の人もヨシ江はんに対してどこかに「畏れ」を抱いているのかも。
カルメラ兄も「男対女のソフトボール」の前に「瀕死の状況で自殺もせんと笑てるヨシ江はんのブキミさ」なんて言ってます。

Re:怒りが爆発するとき
ライムライト
:08/25 19:05:03
あと相撲大会でテツが重傷を負った時、入院中のテツの世話を誰がするという話の中で「チエ以外はイヤ」とテツがゴネた事で、チエちゃんがテツを冷たく言った時、ヨシ江さんがチエをたしなめたんですが、その際のヨシ江さんの表情と言葉も、それまで威勢が良かったチエを萎えさせてしまうぐらいの重さがありました。
結局ヨシ江さんって強さを持ってるんだと思います。勿論体力とか腕力とかいう意味の強さではなく。
テツもその強さ、そしてその強さを出した時のヨシ江さんを知っているから、最終的に優位に立てないんだと思います。恐らく結婚前、おつき合いをしていた時にそれを知るきっかけがあったんじゃないでしょうか。
ヨシ江さんのその強さとはどういうものなのか、そしてどういう時にその強さが出るのか、作品内では明らかにはされず(酔った時の豹変ぶりっていうのはほんの一部分じゃないかなという気がします)、私的には謎のままです。
でも部分的は出してるんですね。前述のチエを叱る時、そしてヨシ江さんが渉に恋愛相談を持ちかけられた時の応対ぶり。
いづれも何か底知れない強さっていうのを感じました。

お尋ねします
市電杉
(好きなキャラクター:ヒラメちゃん):08/22 00:22:10
記憶があいまいなのでお尋ねします。
小鉄の声優さんについてですが、かなり前(旧作の方で)藤岡琢也さんがやってたことがあるような気がしてならないのです。
確かな資料もしくは記憶をお持ちの方、情報をお願いします。

Re:お尋ねします
大天井
:08/22 19:33:48
「フジタク」ですか…?聞いたことないです。
劇場版は西川きよしさん。
TVアニメ版は永井一郎さん。
…じゃないんですか?

Re:お尋ねします
市電杉
:08/24 20:57:39
おっしゃる通りです。ですから自分の記憶違いではないかと思いお尋ねしたのですが…(滝汗)

ここ一番
西鉄カズヒサ
(好きなキャラクター:竹本ヨシ江):08/25 15:00:01
ある著書にこんな事が書いてありました、自他共に認める、大のキャンディーズファンがキャンディーズの解散コンサートの日と自分が受験する東大の受験日が重なり、迷い考えた末に東大を選び、その後、合格したが自分の器の小ささがここ一番の時に出たようで今もそのちまちました性格にうんざりしていると。
私も残念ですが受験を選択するのでは…
ヨシ江、ヨシ江さんはどうでしょうか?
トランプのかぶの時にマッチ棒を一箱いっぺんに賭ける大胆さ、チエが止めるなかバッターボックスに入り、テツの投げる球をあっさりと打ち返す勝負強さ、そしてヒロイン的な存在でありながら、あのテツと結婚しチエとめぐり遇える、ミラクル。
酒に酔ったお好み焼き屋のおっさんならヤケクソでコンサートに行くかもしれませんが、ヨシ江さんならきっと・・・・

日本一不幸な少女?
灰江奈
:08/27 00:12:20
 「ウチは日本一不幸な少女や。」のセリフはあまりに有名です。
 しかし、昨今のように児童虐待だの折檻死だのが日常茶飯事的に報じられる酷い世の中になってみると、上記のセリフも白々しく聞こえてしまうと思うのは私だけでしょうか。

Re:日本一不幸な少女?
まつうえ
:08/27 12:40:33
うちのおかんも10年くらい前に「不幸なことあるかい」とつっこんでました。
しかしじゃりん子チエを見てて「チエって日本一不幸な少女やな」と思った人ってどれくらいいるんでしょうね。

Re:日本一不幸な少女?
つーくん
:08/29 22:35:47
漫画やアニメなど、どうしてもデフォルメされているのが常です。
そう考えると、日常と同一線上でこういった問題を考えるのはちょっと無理があると思います。
はるき氏は、そういった生々しさを明るい方向に向けて表現しようとしていると自分は考えています。

Re:日本一不幸な少女?
灰江奈
:08/29 23:02:09
 私が言いたかったのは「悲惨な世の中になってしまいましたね。」ということだったんですが、それはそれとして、まつうえさんの見方にも、つーくんさんの見方にも、どちらにも一理あると感じます。
 ただ、次のことは確実に言えます。
 これは過去ログでも同じようなことが言われているんですが、テッちゃんはあんなに暴力的な男であるにもかかわらず、チエちゃんは、彼のことを少しも怖がっていません。これは、テッちゃんが自分に手を上げることは絶対にないと知っているからです。それがあるからこそ、私達も、「じゃりン子チエ」の話は、笑って見ていられるんです。(そうでしょう?)
 テッちゃん本人は、下のようにゆうてますね。

 「これでもワシ チエのこと…
  チエのこと かわいがってるのに………」
 (単行本第1巻第9話「見てしまったテツの巻」)


Re:日本一不幸な少女?
堺のテツ
:08/29 23:50:07
テツは決してチエちゃんをどついたりしませんが、さすがのチエちゃんもちょっとビビったことが1回ありますね。
テツが相撲大会で負傷して入院中、チエちゃんたちが上げた花火で火傷し、退院後「花火に火イつけたん誰じゃ」と問い詰めたとき。
「火イつけた奴は5発殴る」と言われて、思わず「あれ誰か忘れたわ」なんてトボけてました。
ま、火を付けたのはチエちゃんだったから負い目があったんでしょうけどね。

Re:日本一不幸な少女?
伊藤 顕
:08/31 21:54:17
テッちゃんを怖がらん人間は、多分テッちゃんの根性なしの部分をよく分かっている人だと思う。
「いざとなったらからっきし」のテッちゃんですからね。
逆にヨシ江さんは普段ぼーっとしているように見えて、いざとなったら凄い人みたいだから やっぱり結構相性いい2人なのかも。

ポイントを押さえたら
灰江奈
:08/31 22:13:48
 拳骨センセは下のように言っていますね。第何巻の第何話だったかちょっと確認できませんが、

 「なんもこわない。ポイントを押さえたら テツくらい面白う付き合えるやつはおらん。」

 と。
 息子の渉センセも、拳骨センセに「ポイント」を教わったようで、

 「僕 チエちゃんのお父さんのこと 色々わかったんだ。
 だから もう こわくはないんだ。」
 (第1巻第11話「花井が来るの巻」)

 と言っています。


拳骨先生の資格
キッチン
(好きなキャラクター:花井拳骨):08/30 14:51:59
久しぶりにおじゃまします。
師範学校出身じゃない花井拳骨がどうして小学校の先生になれたか?という疑問ですが、(HisaQさん)文部省のページを見てきたところ
http://wwwwp.mext.go.jp/v100nen/index-25.html#ss2.2.5.4
相応の学力を有する者、などは先生になれたようです。
えらく昔の話題ですみません。

みつかりません。
KK
(好きなキャラクター:ヒラメ):09/03 17:32:36
はじめて書き込みさせていただきます。
最近ふとしたキッカケからじゃリン子チエを読み始め、今になって単行本を集めているのですが、なかなか売っておらず苦労しています。東京だからでしょうか?
東京近郊でじゃリン子チエの単行本が揃っている店、どこかないでしょうか?古本でもかまいません。教えて下さい。

Re:みつかりません。
灰江奈
:09/03 19:41:48
 身もふたもない言い方になってしまいますが、新品ならば、探し回るよりも注文の方が確実で手っ取り早いのではないでしょうか?
 たしか、下記ページ経由でオンライン注文も出来たはずです。(詳しいことは知りませんが。)
http://www.futabasha.com/chie/

Re:みつかりません。
09/27 01:12
神田の漫画専門店にならおそらく全巻(コミック版も)そろっていると思います。

ふと思ったこと
灰江奈
:09/06 20:56:26
 テツは、チエとヨシ江に弱い。
 チエとヨシ江は、マサルの母に弱い。
 そして、マサルの母は、テツに弱い。
 ただそれだけです。

Re:ふと思ったこと
堺のテツ
:09/07 22:48:04
かつて出版されていた単行本ジュニア版の「おまけコーナー(だったかな?)」にはこんなことが書いてありました。

「テツはチエちゃんに弱い」
「チエちゃんはセンセに弱い」
「センセはテツに弱い」

でも、2行目は「?」ですね。


Re:ふと思ったこと
灰江奈
:09/07 23:13:15
 へえ、そうだったんですか。それは知りませんでした。
 ここで言うセンセというのは、渉君のことでしょうね。
 2行目よりも、私に言わせれば、3行目の方が疑問符付きです。
 「ポイントを押さえたら」にも書いたとおり、渉がテッちゃんを怖がっていないことは明らかですから。
 ちなみに、少年達の中では、テッちゃんに一番可愛がられているのは、丸太君ですね。

「帰ってきたどらン猫」など
灰江奈
:09/10 22:19:09
 双葉社Webマガジンの「帰ってきたどらン猫」は、正直に言うと、最初はまったく期待していなかったのですが、最近ちょっと面白くなってきたなと感じています。なんのかの言っても、やはりはるき悦巳だけのことはあると思いました。
 ただ、重ねて申し上げますが、はるき先生には、くれぐれも無理だけはなさらないで欲しいと思います。若い頃とは違うのですから、無理をして描いても、心身を壊すだけで何も良い結果は生まれないと思います。まあ、現状では、毎週8ページずつですから、心配することもないかな、とは思いますが。
 はるき先生を批判しているつもりなど毛頭ありません。人間は年月とともに変わって当り前ですし、漫画を描くこと、特に週刊連載は、私達の想像を絶する激務ですから、いつまでも昔と同じ気力や体力を保てないのもまた当然のことです。(このことについては、98年1~3月の過去ログでも触れられています。)
 「じゃりン子チエ」の長期連載によるパワーダウンは、誰でも言うことですし、否定しようのない事実ですが、このことに関してはるき先生を責めることはできないでしょう。むしろ、命を削りながら、よく私達の期待に応え続けて下さったと思います。
 それに、漫画界全体の状況から見れば、「じゃりン子チエ」はまだましな方ではないか、とも思います。
 あえて実名を挙げることはしませんが、かつての天才が今はろくな作品を描いていない例、また、かつての名作がいたずらに長く引っ張り過ぎたために堕落してしまった例は、いくつもあります。このことは、普段人並みに漫画を読む方ならみな感じていらっしゃることでしょう。
 いったい誰が悪いのか、読者か、それとも出版社か。

アクション、以前の路線に?
堺のテツ
:09/11 23:32:09
今日、久しぶりに本屋で「週刊アクション」を見かけました。
一時、H路線に走っていましたが、今回柳沢きみお氏の連載が始まるなど、昔のノーマル路線(?)に戻ってきたようです。
これなら、はるき先生の新作登場が期待できるかも!?

Re:アクション、以前の路線に?
まつうえ
:09/12 12:24:53
もどるならアクションよりも、まんがタウンの方に行ってほしいです。
なんかエロ漫画と一緒にはるき先生のマンガ読む気がしません。

「巨人窟」とは?
納豆ぉぉぉ~アクバル!
:09/15 17:03:11
ヤフー「じゃりン子チエ」トピにて、はるき氏には「巨人窟」なる作品があるとのこと、初耳です。
ここの作品データにも載っていませんし、間違いのない話なのでしょうか?
これだけではナニですから、毎週日曜深夜に放送されるNHKの「アーカイブス」をご存知でしょうか?
次回・・といっても9月23日なんですが、「じゃりチエ」の舞台・・というか舞台のモデルとなった、ありし日の天王寺界隈、西成のドキメンタリーを放送するそうです。
西成ものは鬱そうなテーマですが、天王寺はマターリいいかも。
http://www.nhk.or.jp/archives/fr_prog.htm

Re:「巨人窟」とは?
菊地馨@関じゃり研
:09/16 11:18:48
これは、この掲示板がオープンしてまもなく満4年になりますが、初めての情報です。
例のトピックを見てきましたが、かなり具体的な情報なので、おそらく間違いないでしょう。
掲載誌が漫画雑誌ではなくスポーツ情報誌『Number』とのことなので、関じゃり研では把握できなかったものと思われます。
ということで、ご存じの方がおられましたら、情報をおよせください。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1834559&tid=bgbaelbejaaa48a4ca5ja5sbbra5aa5a8a1aaa1aa&sid=1834559&mid=81

Re:「巨人窟」とは?
伊藤 顕
(好きなキャラクター:ヨシ江さん。):09/16 21:11:46
新情報ですね。
はるき作品リストは、80年5月号のまんが専門紙「ぱふ」にある作品リストのほか、当掲示板での情報提供をもとに作成しているので、まだ他にも漏れがあると思われます。
作品一覧を見ても判りますが、特にはるきセンセが大阪に舞い戻った後の80年代後半~90年代前半ころの作品に漏れがあるのではと思われます。
皆さんの情報提供お待ちしております。

じゃりン子チエの絵について
白猫ヤマト
(好きなキャラクター:小鉄):09/16 11:24:14
 久々にこのHPに来ます。よろしくお願いします。
 早速ですが、僕は現在じゃりン子チエに出てくるキャラクターの絵を研究しております。
 どなたかじゃりン子チエの絵をほぼ完璧に描ける人はいませんか?もしいてくれれば、どのようにして描くのか教えて下さい。おねがいします。
(初めてここに投稿したとき、「日の出食堂の青春はどこにあるんでしょうか」と書いたんですけど、神保町に行ったら見つかりました。どうもありがとうございました。)

懐かしいです!
入江則雅
(好きなキャラクター:もちろん?マサル):09/17 01:01:53
皆さん、はじめまして。
81年のTVシリ-ズにて「マサル」をやらせて頂いておりました、入江でございます。信じていただけないかも知れませんが、本人です。自分で本人て言うのもどうかと思いますけど…(笑)
偶然このHPを見つけ、あまりの懐かしさについ書き込んでしまいました。僕の中では、忘れかけてた(スンマセン)作品が、こんなに沢山の人にいまだに支持されているなんて、ビックリしたのと同時に感動しました。それと同時に、あの頃の事が走馬灯のように(ベタやね)思いだされてきました。
あの頃を思い出しながら、みなさんとお話できればと思っております。
今後も、チョイチョイ顔を出させて頂きますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

Re:懐かしいです!
菊地馨@関じゃり研
:09/17 08:24:52
いらっしゃいませ。関じゃり研の菊地と申します。
まさかマサルさんご本人(?)がお越しになられるとは…。
今でも単行本を読み返すときはマサルの声は入江さんの声で読んでおります。
81年アニメは今でも高い人気と評価を受けていますので、もし次回もお越しいただけるのであれば声を当てられた時の裏話などを教えていただけるとうれしいです。
これからもよろしくお願いします。

Re:懐かしいです!
森 絢女
:09/17 09:20:18
すごいです。
あのマサルの入江さんがお越しなんて。
私、じゃりン子チエの登場キャラで、人間のキャラではマサルが一番好きです。
今でも漫画を読むときは、頭の中で全キャラ当時の声に自動変換して読んでいます。
マサルは嫌味だとか意地悪だとかいうけど、やっぱり遺伝の話のときを考えてもいい子だと思います。
なんだかすっごくうれし~

Re:懐かしいです!
堺のテツ
:09/17 23:53:36
入江さん、はじめまして。私は、20年来の「チエちゃん」ファンです。
私、TVで一度だけお見かけしたおぼえがあります。大阪を舞台にした老舗の刑事番組、「部長刑事」に出演されてませんでした? 1回だけなんですが、鮮明に記憶してます。あと、百合根のおっちゃん役の表淳夫さんも、別の回に出演されてた気がします。

Re:懐かしいです!
星詩郎
(好きなキャラクター:小鉄):09/18 01:00:06
初めまして、入江さん!
私は四国在住の星詩郎(せいしろう)と申します。
声優さんにレスする機会に恵まれるとは、ラッキーですね!
TV放映が始まった小学校高学年の頃からの「じゃりン子チエ」ファンで、単行本もずーっと買い続け、今でもビデオを借りてダビングして観ている私にとっては、マサル本人にメッセージを書いているような気分です(笑)
今後とも、どうか宜しくお願い致します!

Re:懐かしいです!
とりちゃん
:09/18 01:15:00
まさかホンモノのマサル君が書き込んでくれるとは…書きたいことはみなさんが書かれてるので割愛します。
私もテレビで入江さんを見た憶えがあります。
記憶に間違いがなければ、必殺仕事人シリーズで1回だけ中村主水の「養子」役で出てましたよね。

Re:懐かしいです!
水素戯終
:09/18 01:56:45
 入江さんはじめまして!!
 マサルの役は本当に入江さんでピッタリ★ すばらしいお声でした^^
 再放送も毎回チェックお入れておりますがやっぱり最高で御座います(ハイ!)
 じゃりン子はまだまだ健在!★
 どうぞ、これからもおいでくださいませ^^

Re:懐かしいです!
灰江奈
:09/18 03:14:02
 入江様、はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
 まさか、ここで入江様とお話ができるとは夢にも思っておりませんでした。光栄の至りです。
 堅気屋倶楽部が開店して間もなく4年になるらしいですが、ただ立ち寄るだけで否応なしに掲示板が活気付いてしまうお客様というのは、おそらく入江様がはじめてではないでしょうか?
 次回お立ち寄りになる時を楽しみにしております。

ビックリ!
入江則雅
:09/19 02:15:36
いや~、あまりの反響に驚いています。
本当に皆さん、「じゃりん子チエ」を愛してくださっているんですね。ありがとうございます!
わたくし、こちらではまだ新米で、何から話して良いのか分かりません。暫くは皆さんのご質問に答えさせて頂く形で、徐々に「仲間」に入れて頂ければと思っていますので、宜しくお願い致します。

>堺のテツさん
「部長刑事」とありましたが、その通りです。実は「デカチョウ」(関係者はこう呼んでました)には、計3回ほど出させて頂きました。よくチェックしてましたね。驚きです!

>とりちゃんさん
「必殺仕事人」ですが、これも実は「養子」役以外にも、敵討ちを頼んで死んでいく役で、出させて頂きました。(一応その回の主役でした)

ホントに皆さん、「じゃりん子チエ」の出演者にまでチェックされているとは・・・
ではここで、ミニ情報。
「花井先生」役の伊藤氏は、元役者さんでOA当時は、我々のマネ-ジャ-でした。オ-ディションの時、どさくさに紛れて(?)採用されてしまったのでした(笑)。


おそれながら、返信します。
灰江奈
:09/20 20:30
さっそくアニメ裏話が飛び出しましたね。「どさくさに紛れて」採用とは、また何ともじゃりン子チエらしい(?)エピソードです。
 質問、ですか……。
 お聞かせ願いたいことはいくらでもあるのですが、いざとなると何からお尋ねして良いものやら。
 あの、入江様がこうおっしゃっていることですし……。
 どなたか質問されてはいかがですか?

私も畏れながら…
水素戯終
:09/23 01:38
 いま、CSで再放送しているのですけどもやっぱりマサルの声は入江様が一番だなあとあらためて思います^^
 と、ここで一つご質問を致したいたいと思います
 マサルの声をあてるにあたって一番大変だった、気をつかわれたことはどのようなことでしょうか? お答え頂けましたら嬉しいです☆

遅くなってすみません。
入江
:09/25 00:47
>水素戯終さん
当時の苦労話ですか。ホントに一杯あったんですけど、なんと言ってもアフレコ時に、「絵」が出来てこないことでしたね。一番最初の2・3回は、OAするのと同じ状態できました。そのうち、「絵」が動かなくなり、「吹き出し」だけになって(吹き出しの中に「セリフ」と書いてあり、その間にしゃべります)、途中から最終回までは、なんとフィルムに油性マジックで線を書き入れてあるだけでした。ですから、画面には赤や青のラインが出てくるだけ。その間にしゃべるのです。口が動かないまでも顔が出てくれば、しゃべりやすいのですが、なんせ色の付いた画面に向かってセリフをしゃべると言うのは、やりずらかったですね。最初は、僕だけじゃなく他の皆さんも「やりにくい」と言ってましたけど、人間というのはコワイですね~、そのうちそれが当たり前になって来るんですね。皆さん器用にやってましたよ(笑)。

この他にも、質問等があればお寄せ下さい。こぼれ話でよければ披露させていただきますね。

それと、「様」ちゅうのはやめて頂けませんでしょうか、なんやくすぐっとうて…  お願い致します。

ではまた、書き込ませてもらいます。


Re:遅くなってすみません。
水素戯終
:09/25 21:38
お返事頂けまして恐縮でございます☆
では、敬意を表しまして入江さん^^ ああ、畏れ多いことで御座います。

赤や青のラインが出てくるだけ>それはスゴイですね・・(;^^)
でも、それでも慣れるとゆうのがやはり皆様プロたる所以なんでしょうねえ^^
本当に有難う御座いました!


入江さんに質問~♪
北中
:09/27 12:06
菊地さま、皆さまお久しぶりです!
最近お邪魔していなかったのですが、ふと戻ってみるとなんとマサルちゃんのお声の方がいらっしゃってるではありませんか~!

入江さん←早速「さん」で♪
 はじめまして、北中と申します(^_^)
 残してあるビデオを今でも毎日の様に見ながら生活をしています(笑)
 早速質問というかお聞きしたい事ですが。91年に放送開始された「チエちゃん奮戦記」では一部違う声優さんになっていました。
 わたしは凄く残念に思っていましたが、当時スタートするにあたってお声が掛かったりとかありましたか?
 あと、今現在入江さんを拝見できるところはありますか?(^_^)

 「質問」としてどうなのか分かりませんが、良かったらお願いします♪
後半の青のラインなどを見てのアフレコというのは驚きました(^^ゞ
そういう事に詳しくないので、いつも口の動きに合わせて喋るのも凄いな~なんて思っていましたが、それどころでは無かったのですネ(^^ゞ


Re:私も入江さんに質問~♪
まつうえ
:09/29 12:05
北中様に続いて質問です。
じゃりん子チエの声優オーディションはどのようにして行われたのですか。入江さんや表さんのような俳優の方々は毎日放送の方から連絡があったのですか。それとも御自身で受けにいかれたのですか。

ささいなことですが
灰江奈
:09/29 21:44
 「じゃりン子チエ オフィシャルホームページ」が(3ヶ月ぶりに)更新されてますね。
http://www.futabasha.com/chie/

Re:ささいなことですが
水素戯終
09/29 23:35
今度プレステで「じゃりン子チエ」のソフト情報も書かれてますね

前のページへ   2001年10~12月のお客様

過去ログ目次相互リンク集掲示板「堅気屋倶楽部」
全国の書店で発売中