堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
チエちゃんの「大人の作法」 [ 堺のテツ ] 03/08/03 21:20
先日、週刊ポストに「チエちゃん」のことが載っていました。
「大人の作法」という連載コーナーで、取り上げられていたのは2巻の金閣寺の話です。
テツとヨシ江はんをなんとか話をさせるためにチエちゃんがとった手段、人前でわざと大きな声で歌ったりして相手に「世話を焼かせる」のが「大人の作法」の一つだということでした。
「大人」という表現はともかく、チエちゃんの見事な才能だなと思います。

記事では、帰りの電車でヨシ江はんのひざ枕で眠るチエちゃんを「たぬき寝入り」と言ってましたが、私は二人をしゃべらすために慣れないことをやり遂げた疲れで、ぐっすり眠っているのではないかと素直に捕らえています。
でも夢の中でも「水道の蛇口」を気にするあたりがチエちゃんらしくて好きです。

Re:チエちゃんの「大人の作法」 [ 真 ] 03/08/04 01:25
> 先日、週刊ポストに「チエちゃん」のことが載っていました。

これはぜひ読んでおきたいですね。このあいだまで出てた号かな?

> テツとヨシ江はんをなんとか話をさせるためにチエちゃんがとった手段、人前でわざと大きな声で歌ったりして

チエちゃんはいつも大人顔負けのたくましさを見せてくれますが、そこは数少ない“子供らしさ”、もっと言えば“子供っぽさ”を見せる名場面だと思います。
そして、お母さんが帰ってきてくれて、髪の毛をめちゃくちゃに結っておどけるチエちゃん。ヨシエさんが一緒になって笑うものだから、テツは耐えられなくなって・・・。
こういう描写が最高ですね。その辺があるのと無いのとでは自分の中で「じゃりチエ」の価値が変わってしまうと言っていいくらい。
自分の子供の頃と重ね合わせれば、解釈の必要もないのでしょう。“けなげ”とかいうのよりもその子供らしさに共感を覚えるんですよね。

> 記事では、帰りの電車でヨシ江はんのひざ枕で眠るチエちゃんを「たぬき寝入り」と言ってましたが、私は二人をしゃべらすために慣れないことをやり遂げた疲れで、ぐっすり眠っているのではないかと素直に捉えています。

僕もそっちではないかと思います。そこまで気を回してるんだと考えるのはちょっと勘ぐり過ぎな気も(笑)。
変にはしゃいで或いは読者にまでいたたまれない気持ちにさせてくれた(笑)チエちゃんですが、劇場版では遊園地でテツがヨシエさんの肩につい手を回していたのを見て、カートの運転を忘れて見つめている場面があります。このチエちゃんの驚きもいろいろな想像が出来るし、いろいろ入っているのでしょう。僕はそこに“疎外感”も入っているのではと考えてしまいます。


<< 前のページ過去ログ目次'03年のお客様関じゃり研次のページ >>