堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ テッちゃん ] 04/02/15 21:23
 皆さんもよくご存知のように、テツとヨシ江はんとの関係はかなり不思議なものがあります。ヨシ江はんの前に出るだけであんなに超緊張してしまうテツが、なぜチエという子供を儲けることが出来たのか?いうまでもなく子供を儲けるためには夫婦の交わりが必要であり、あの二人が本当にそのようなことが出来たのだろうか?という疑問を抱いておられる方も多かろうと思います。
 そこで私は大胆な仮説を提案したいと思います。チエちゃんは、実はテツの子供ではなかったのです!ならば誰がチエの父親なのか?驚くことなかれ、何とあの花井拳骨先生だったのです!もちろんチエを生んだのはヨシ江はんです。ならば、ヨシ江はんと拳骨先生との間には一体何があったのか?
 そもそも拳骨先生がヨシ江はんと出会ったのは、テツが地区対抗の運動会でテツがヨシ江はんに負けたのがきっかけでした。テツが先生を通じてヨシ江はんに再勝負を申し込んだのが縁でテツとヨシ江はんの交際が始まったわけですが、当時の拳骨先生はまだ50代の男盛りであり、学生相撲で鍛えた肉体は未だ旺盛な性欲を持て余していました。しかし彼の妻は病弱であり、彼の性欲に十分応えることが出来なかったため、現在よりも若く美人だったヨシ江はんに惹かれたのも無理はなかったでしょう。当のヨシ江はんも、早くに両親を亡くしていたこともあり、ファザコンの傾向があったので、つい逞しくて優しい拳骨先生に頼りたくなってしまったものと思われます。
 かくしてヨシ江はんはテツとの交際を続けながらも、影では密かに拳骨先生との関係も持っていました。その関係はテツと結婚してからも続き、とうとう二人の関係はチエという子供として形になってしまいます。もちろんテツはそんなことは知る由もありませんし、夫婦の交わりがどういうものかも知らなかったので、チエが自分の子であることに微塵も疑問に持つことはありませでした。しかし拳骨先生とヨシ江はんは流石に自分たちの罪の深さに恐れおののいて、チエの誕生を機に二人の関係を清算し、拳骨先生は竹本家との接触を一切絶ってしまったのです。
 その後ヨシ江はんがテツと喧嘩して家出してしまったと聞いた拳骨先生は、テツに対する負い目から自分が仲直りの仲介役を買って出ることを決心し、しかし今さら素面でテツの前に出ることも出来なかったので、あの日拳骨先生は酒を飲んで約10年ぶりに竹本家を訪れたのです。その後も拳骨先生はテツとチエに対する負い目から、何かと公私にわたって竹本家のお世話を焼くことになるのです。自分の息子の渉をチエの担任にさせたのも、実は拳骨先生の意向でした。自分の実の娘であるチエちゃんを自分の近いところに置いておきたかったのでしょう。
 以上述べたことは皆さんにはかなり衝撃的なことだったかもしれませんが、テツとヨシ江はんがナニをしてチエちゃんが生まれたと考えるよりは、上のように考える方がいかにもありそうなことだとは思いませんか?その他拳骨先生は実は○○だったとか書きたいこともありますが、それはまた稿を改めて。(^^)
Re:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ なりきりチエちゃん ] 04/02/17 15:23
皆さん、始めまして。よろしくです。

∑(><)ガーン!!ウチショックやわー!ほんなら先生とウチはきょ、兄妹ってことですか?あわわ、そんなぁ、ウチはテツの子で、ええから(って、おいおい)
でもありえるな、ウチと先生だけやもんな、あとヒラメちゃんもいるか。作品の中でまともな人間(^^)
え、おかあはん?おかあはんはある意味すっごいお人や、最強って言ってもええ!!だってテツの嫁はんでっせ・・・(おまえが言うてどないする)あちゃ、一人突っ込みかましてもうた。

チエの結論(推論)ウチは誰が何と言おうとテツの子供や。
せやけどな、テッちゃんさんのご意見も、もっともやと思うときがあんねん。(どっちやねん、はっきりしいや^^)
ほなら、皆さん、失礼しました。

Re:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ マンダム ] 04/02/22 11:50
見てきたように嘘を言い、って言うかそんな設定だったら実は花井のことを心の中では尊敬していて、大人になったら花井のようになりたいと願っていたテツにとっては絶望的な事実じゃないの?
Re[2]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ てっちゃん ] 04/02/22 18:01
お言葉ですが、テツは決して花井拳骨のことを尊敬なんかしてないと思いますし、ましてや自分の将来モデルになんかしてないと思いますよ…。あの「日の出食堂の青春」ドラマ版でも、チエが実はテツの子ではなかったという設定だったのも、それを暗示していたのではないでしょうか?
Re[3]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ 寅駄 ] 04/02/22 22:06
 こっちはそのドラマを見てないんですが、一つ疑問(というか不満というか)。
 なんでドラマ版の「日の出食堂の青春」にはテツやチエちゃんがでてるの?
原作には出てないのに・・・。
Re[4]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ テッちゃん ] 04/02/24 03:00
「日の出食堂の青春」ドラマ版に出ていたテツ・ヨシ江・チエは、名前だけは一緒ですが、役柄は全く違っていました。テツは映画館「銀映」の主人で、ヨシ江はテツと喧嘩してチエを連れて家出していたという設定でした。チエはごく普通の女の子でしたが、漫画のチエよりはもっと年下でした。

そしてドラマの終盤で、チエがテツの子ではなかったことがヨシ江の告白により明らかになり、それにショックを受けたテツは飲んだくれて街をふらついた挙句、車に轢かれて死んでしまうのです。ついでに言うと、ヨシ江は主人公のアキラとナニまでしてしまうのです!放映された当時は「じゃりン子チエ」のファンの中には、「チエ」を冒涜された!とマジで怒る人も多かったですよ。

Re[3]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ マンダムトルネコ ] 04/02/22 22:11
そうですか、、ううん、、
なんと言えばいいのか、てっちゃんさんの言っているような花井の実態を知る前はテツは心の底で隠れた尊敬の念を花井に対して抱いていたと思いますが。はるき先生の言うところのコンプレックスという奴じゃないでしょうか。
ところで、てっちゃんさんあなたは花井拳骨は嫌いですか。てっちゃんさんも京大に入ったのは花井の入った大学にあこがれてたんじゃないんですか。
まあ、漫画と現実は関係ないけど、テツとそっくりの性格のあなたから見て花井は嫌な奴ですか。
Re[4]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ なりきりチエちゃん ] 04/02/23 00:00
はいこんにちはぁ(^^)
皆さんだんだんと熱くなってるようですので、ウチが焼いたホルモンですぅ。(ホルモンて『捨てる物→放る物→ほるもん』て、意味だってこと知ってましたぁ?)昔の人は面白いこと言いましたぁ
これ食うて、仲よう喋ってなぁ(^0^)''←りぼんです
ウチはてっちゃんさんのこと数きやでぇ
とにかくみんな喧嘩はせえへんでなぁ
ほな(^^)/
Re[5]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ スーパー百合根ブラザーズ ] 04/02/23 00:20
はいはい、どうもありがとうございます。
私はそんなに熱くはなってはいませんが、
ボキャブラリーの乏しさからいつも人にイライラしてんじゃないのとか言われる事があります。
私も、てっちゃんさんになんか興味を引かれるところがあって、いろいろご意見を聞いてみたいので書き込みしてみました。
まあ、ゆったりと話し合えればいいですね。
てっちゃんさんお暇なときにでも書き込みしてくださいね。
そやけど花井が○○って何?
Re[4]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ テッちゃん ] 04/02/24 03:22
テツは花井拳骨に対して、強烈なコンプレックスとそれに由来する反発心を抱いていたと思います。拳骨は学会ではとても有名な学者であり、その意味ではテツにとっては絶対勝てない(克服できない)対象でした。いくら喧嘩が強くても、テツは拳骨のように華やかな表舞台に上がれないからです。

その上拳骨は小学・中学の9年もの間、テツの担任をやっていましたから、テツは大人になっても拳骨とは教師・生徒の関係が身体に染み付いてしまっており、今でも拳骨を見ると「あっまた怒られる、どつかれる」と条件反射的に思ってしまうわけです。テツが未だに拳骨に頭が上がらないのは、この辺に原因があるように思われます。

因みに私は別に花井拳骨に憧れて京大に入ったわけではないのですが、拳骨と同じ文学部でした。もっとも専攻は違いましたけどね。テツが拳骨を嫌っていたのは上記の学歴?コンプレックスのせいですが、拳骨と同じ大学に入った私は、拳骨は好きでも嫌いでもありません。理由は分からないのですが、積極的に付き合いたいとは思わないのです。拳骨が破天荒すぎるからでしょうか。(^^;)

Re[5]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ マンダム百合根 ] 04/02/24 11:37
なるほど、テッちゃんさんの書き込みで作品をより深く理解できる感じがしてきました。だけどなんで中学生のときまで拳骨が担任していたの?ふつう小学校の先生が中学生を担任するなんてことはありえないと思いますが。

それと2467の書き込みを見て思わず笑ってしまいました。
まさに踏んだり蹴ったりのテツですね。

管理人さんへ、これからは「マンダム百合根」で統一しときます。

管理人からのお願い [ とも@関じゃり研 ] 04/02/23 09:05
活発に議論されるのはいいんですが、誰が何を言ったか整合性が保てませんので投稿者のハンドルは投稿ごとに変えないようにお願いします。

あと、なりきりチエちゃんさん
「ホルモン」の語源については下のページにも目を通してくださいね(笑)
http://www.jarinko.com/monograph/hormone.htm

Re:管理人からのお願い [ なりきりチエちゃん ] 04/02/23 22:16
こんばんはぁ
ありゃぁそうですかぁウチはずっと「放るもん」とばかり思っとりました(あやや)すんません(ぺこり)

『そして「北極星」は1940年、一連の料理を「ホルモン」と名付け商標登録。この「ホルモン」の名前は体内に活力を与える物質「ホルモン」に由来したもので、大阪弁の「放る物(捨てる物)」から転じたという説は俗説とされています。』

でしたのですね。にゃはは。ご指摘どうもありがとうございます。では、また(^^)

Re:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ 寅駄 ] 04/02/23 21:33
一つ思い出したことがあったので書いておきます。
単行本第10巻で作者自身が「チエちゃんの血だけの父親であるテツ」、そして「戸籍上の父親テツ」と、テツとチエが名実ともに親子であることを明記しています。
Re[2]:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ なりきりチエちゃん ] 04/02/24 13:45
寅駄さん、大きに(^^)''ありがとうございます。ホッとしましたわ。
ウチはテツの子供としてこれから強く生きてくねんなぁ、いやそうせなあかんねん(^^)''
Re:衝撃!チエちゃんの出生の秘密 [ サルマタ一丁 ] 04/02/24 04:13
テッちゃんさんはじめまして。

>夫婦の交わりがどういうものかも知らなかったので

この部分は、ミツルに子供が出来たときに

テツ「ミツルでも子供が出来るのか」
拳骨「おまえも出来とるやないか」
テツ「ワ…ワシは………その…」
テツ「(あいつ…隅におけんな)」

とやり取りがあるので、知らなかったという事はないと思いますよ。手元に文庫版しかないのですが、5巻63話からです。

テッちゃんのウソツキ [ マンダム百合根 ] 04/02/24 16:04
よくよく考えてみれば、花井ほどの人間が自分の子供を犠牲にするわけないじゃないですか。テツみたいな親の子として生きていたら大成できないし、花井だってそれはわかるはず。だからテッちゃんさんが言ったことは根も葉もないことじゃないの。

それから、ヨシ江の家出の真相はテツの浮気が原因という計画だったのが、テツの作品内キャラクターと合わなくなってきたから、結局謎のままになってしまったんじゃないかと思います。テツみたいな人間はヨシ江が好きだけどなんとなく直接顔を合わせているのが苦手だから、他所の女の家に避難場所を作るとかいうことはありえるはず。
でもそんな設定のまま漫画にすると、なんか貧乏くさいだけのワイドショーネタ的な漫画になって、じゃりン子チエ独自のクールな感じが無くなるから、そういうのを表面に一切出さなかったということじゃないのかな。

続・花井拳骨論 [ テッちゃん ] 04 02/26 22:35
>だけどなんで中学生のときまで拳骨が担任していたの?ふつう小学校の先生が中学生を担任するなんてことはありえないと思いますが。

確かに小学校の先生が中学生の担任をすることは出来ませんが、テツが中学に上がるときに拳骨も一緒にその中学に異動すれば可能です。拳骨ほどの有力者なら、市教育委員会に掛け合うことも出来たでしょうし、委員会の方もテツの担任ができる人は拳骨以外にはいないと思ったのでしょう。かくて拳骨とテツは多感な少年期の9年間を共にすることになったのです。

>よくよく考えてみれば、花井ほどの人間が自分の子供を

犠牲にするわけないじゃないですか。テツみたいな親の子として生きていたら大成できないし、花井だってそれはわかるはず。
ここで花井渉の存在がその謎を解く鍵になります。渉は母親が早世したため、東京の親戚に預けられて大学卒業まで過ごしたと思われますが、仮にも自分の子供なのですから、拳骨は遠い親戚に預けたりしなくても、その気になれば家政婦やお手伝いさんを雇って渉の世話をさせながら、親子一緒に暮らすことも出来たはずです。誰でも自分の子供は可愛いはずなのに、拳骨がそうしなかったということは、拳骨は自分の肉親に対する愛情が余り強くない人間なのではないかと推察することもできるわけです。現に渉が実家に帰って来ても、拳骨はそれほど可愛がってはいないように見えます。つまり肉親に対する愛情・関心よりも、自分の研究に対する情熱を優先させるという、天才型の人間にありがちなパターンですね。ですので、仮にチエが自分の娘だったとしても、渉と同じように他人(テツ)に預けることに余り抵抗はなかったものと思われます。何よりチエを自分の娘だと認めてしまったら、ヨシ江はんとの不義関係が明らかになってしまうからです。そうすればテツは間違いなく拳骨を殺すでしょう。もしかしたら、テツをヨシ江はんと結婚させたのも、そうすればテツを通じてヨシ江はんとの関係を保つことが出来たからかもしれないのです。これはあくまでも憶測の域を出ませんが、「じゃりン子チエ」における花井拳骨の存在の意味は、一度よく考えてみなければならない問題だと思います。

Re:続・花井拳骨論 [ テッちゃん ] 04 02/26 22:52
もう一つレスします。

>テツみたいな人間はヨシ江が好きだけどなんとなく直接顔を合わせているのが苦手だから、他所の女の家に避難場所を作るとかいうことはありえるはず。

だから、テツはいつもお好み焼き屋やカルメラ亭に入り浸っているのですよ。ヨシ江はんが世界で一番好きなテツが、他所に女を作ったりするはずがありません。それをするとヨシ江はんに対する最高の裏切り行為になるからです。それにテツは常に「男らしさ」にこだわっていますから、他所に女を作ってそこに入り浸るというような行為は、テツは最も軟派なものとして忌み嫌っているはずです。

Re[2]:続・花井拳骨論 [ マンダム百合根 ] 04 02/27 07:04
うーん、納得できるようなできないような、
でも、本当のところ、全部はるき先生の考え一つで決まってしまいますし、はるき先生は途中で考えが微妙に変わってしまうとこもあるしね。

予断ですが、はるき先生がテツの知り合いだったとしてもはるき先生はテツに、うまいことどつかれないよう振舞えるくらいテツを理解してる人だから、テツみたいな人間を漫画の中で活躍させることができたんでしょうね。

Re[3]:続・花井拳骨論 [ まつうえ ] 04 03/01 12:24
>テッちゃんさん
ヨシ江さんと花井先生の関係の文を拝読させていただきました。
じゃりん子チエではそういうドロドロした話が皆無でしたし、そういうテーマで論文を書かれた方がおられなかったので驚きました。
私はあくまでテッちゃんさんの推測ですから、そんな目くじらを立てて怒ることはなかったですですね。信じませんけど。
新たな疑問(Re:続・花井拳骨論) [ 寅駄 ] 04 03/01 18:52
小学校の卒業記念の写真撮影に参加できなかった(本人曰く「無実の罪で鑑別所へ入ってた」)テツが、はたして中学へ行ってたんでしょうか?
Re:新たな疑問(Re:続・花井拳骨論) [ テッちゃん ] 04/03/06 10:44
少年法によると、鑑別所には最長4週間までしか入れられないとありますから、テツはたまたま卒業写真を撮影する時期(4~5月)に鑑別所に入れられていたと見るべきでしょう。少年院ならもっと長期間収容することが出来ますが、テツは少年院とは言っていませんね。もっとも中学でも何度も鑑別所行きを繰り返していた可能性もありますが、何年も入れられたままというのは法律上もあり得ないのは確かです。

<< 前のページ過去ログ目次'04年のお客様関じゃり研次のページ >>