堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
ひょっとしたら、第3巻の・・・? [ 川崎市在住者 ] 2004 06/22 00:22
 先日、某巨大匿名掲示板の鉄道路線・車両板のじゃりんこチエの町 萩之茶屋というスレッドに書き込んだところ、「関西じゃりン子チエ研究会」に投稿すべし、と書かれたので、やはりこちらにご報告いたします。
 もともとは、原作者のはるき先生が大学に入られた時に上京し、「チエ」を描き出したころに住んでいたのは、小田急線の豪徳寺界隈だとのことで、先日そのあたりをほっつき歩いたのですが、豪徳寺(駅でなく、お寺の方)のほど近いところにある世田谷八幡という神社に立ち寄った時、第3巻のヒラメちゃんが大活躍した相撲大会に描かれた土俵とその背景に、よく似た場所を見つけました。なんというか、3巻を参照しながら読んでいただくといいのですが、字で書くとこうなります。「土俵の周り半分ぐらいがすり鉢状の傾斜になっており、上から土俵が見下ろせる。傾斜には何段かの石段がある。土俵の反対側は平らになっており、その先は林になっている。」と、こんな具合です。
 ひょっとしたら、当時この界隈に住んでいたはるき先生はこの神社と、この神社で行われる奉納相撲や少年相撲大会から第3巻の相撲大会のエピソードを考えたのではないでしょうか。
 大阪を舞台にした漫画で、東京のある神社をモデルにしたエピソードがある?

 「そないなことゆうても、大阪にもよう似とるところがあるんやで」と言われたらお終いなので、私としてはあまりこのことを押し通す気はないのですが、偶然にしてはあまりにも・・・・だったので、書き込みさせていただきました。

 ちなみに、特に関東の方で「それじゃあ、一発行って見てみよう」と言う人がいらっしゃれば、ここは小田急線の豪徳寺駅より、東急世田谷線の宮の坂駅のほうが近いです。


<< 前のページ過去ログ目次'04年のお客様関じゃり研次のページ >>