堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
独りぼっちの百合根 [ ハマのマサト ] 04/06/23 05:22
同胞アントニオが亡くなり、何日も泣き続けた末、どうにか立ち直った百合根さんを見ています。これから独りで生きて行くんだと肩肘張った様子など、これっぽっちも見られません。亡くなったアントニオのために、ひっそりとお好み焼き屋のオッちゃんをはじめました。過去を悔やんだり、内面的な弱さばかり目立つ百合根さんですが、その分、周りに優しく接してくれるんだと思います。「親子は一緒に住むのが一番や思うなあ」身内の活躍に隠れて見えませんが、ヨシ江さんをチエちゃんやテツの元へ戻した一番の功労者は、独りぼっちの百合根さんだったと思います。
Re:独りぼっちの百合根 [ 古伊賀 ] 04/06/24 05:04
はじめまして、文庫本でチエを読み返しています。
私も百合根さんが大好きです。アントニオを失った頃のシラフの百合根さんは、どこか女性的な、繊細なやさしさが漂っている気がします。カオル君と駅で再会する話は、読むたびに泣いてしまいます。後のお丸さんが出てくるあたりの、なんだか豪気な「百合根のボンボン」も味があるけど…
やっぱり私は傷つきやすい百合根さんが好きです。

<< 前のページ過去ログ目次'04年のお客様関じゃり研次のページ >>