堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
「じゃりン子チエ」以前の生活 [ 銀映 ] 04/07/30 18:01
10年来の付き合いを経て、テツとヨシ江はついに結ばれました。新婚のテツとヨシ江は、おバァからホルモン屋の店舗兼新居を譲り受け、毎晩張り切ってホルモンを焼いています。美しく優しいヨシ江は、お店の人気者です。それを見ながらホルモンを焼いているテツも鼻高々です。お店が終わって売り上げの計算が済むと、後は二人だけの時間です。お互いに恥ずかしくてまともに顔も見れません。それでも狭い部屋に布団を敷くと、一日の疲れから眠りに落ちて行きます。お店が定休日のある晩、ヨシ江はとうとうテツに対して行動に出てしまいました。たとえそれが夫婦にとってはごく普通の行為だったとしても、大好きだったヨシ江がそんなことをするなんて、とテツはショックを受け、ヨシ江が急に汚らわしいもののように感じられました。それからのテツは、毎晩お店の売り上げを持って賭博場に通うようになります。狭い家の中でヨシ江と向かい合いたくなかったからです。その行為の結果、チエちゃんが誕生しますが、テツの賭博場通いは相変わらず、たまりかねて諫めるヨシ江に向かって激しく反発し罵るテツ。自分の愛する夫の余りの変わりように、激しく戸惑い苦悩するヨシ江。ある日博打に大勝ちして得意満面で帰って来たテツに、ヨシ江はとうとう堪忍袋の緒が切れ、まだ幼かったチエを置き去りにして家を飛び出してしまいました。それから数年、小学5年生に成長したチエは今日も一人でホルモンを焼いています。その頃テツは…。

<< 前のページ過去ログ目次'04年のお客様関じゃり研次のページ >>