堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
山の中のあいつが倒した者とは [ あほのおっさん ] 04/11/10 11:08
あの山の中のあいつが倒した2匹とは、実際の猫2匹ではなく、もっと抽象的なものじゃないかと思ってます。

つまり、怪しげな3匹の猫、彼らは、一つの意思を持って本物の仙猫に操られていた、その彼らをまとめて、一匹と勘定していた。そして彼らは、山の中のあいつを試そうとしていたんでしょう。例えば、親分の地位を与えるとか何とか言って。
だから、その三匹を倒してしまえば、それを操る仙猫から敵対していると思われるので、結局、「闇から来て闇に帰るだけ」とは小鉄以外の全員に言っていたと思います。
ついでにいうと、小鉄はあの場にはあんまり関係なかったのではないかと思います。

Re[2]:山の中のあいつが倒した者とは [ おっさん ] 04/12/13 22:02
本当の答えを言うと、あの3匹の内の一匹が既に仙猫で新しい体を求めて、小鉄ともう一匹の若い猫を標的にしていたのです。そして、小鉄が古い二つの体を倒している隙に、一番強い猫の体と魂を乗っ取ってしまったということです。
だから、最初の版では、「おまえ仙猫になるつもりやな」と言い、現在の版では、「もう一匹はお前自身を」となった訳です。

答えが分かるとそんなに難しくはありませんね。


<< 前のページ過去ログ目次'04年のお客様関じゃり研次のページ >>