堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
「てっちゃん」さんへ [ おっさん ] 04/12/12 07:06
「てっちゃん」さんへ、もしよければ、もう一度この掲示板で話してみませんか。

どうも、事実誤認というか、じゃりン子チエに対する考えの中でいろんな意見があるのはいいのですが、じゃりン子チエ以外のところから話を無理矢理持ってきて語ろうとする方がおられるようなんで、はるき先生の考え、世の中のじゃりン子チエ評価を基礎として、頭の中の整理をしてみたいのです。

いまなら、DVD発売前で掲示板も空いているみたいなので、「チエ」という作品について話し合ってみてはもらえませんでしょうか。

私はテツとその写し鏡になった、花井と百合根の関係を考えてみると、三人ともヤクザではなく世捨て人としての繋がりを互いにかんじているようです。そして、本当はその中からヤクザ的な部分を如何に消しつつ、兼好法師のような柔弱な人格ではなく、強さをそれぞれの自我が許すレベルで保ちながら生きている、三人の関係の面白さが私がこの作品に対して、感じる面白さの一つなんです。

いわゆる、インテリたちが唱えたがるような「反社会」でも「非社会的」でもなく、同窓会のエピソードで見た、一般的なタイプのええ括弧しいでもない。三者三様に行動する様をみて面白いといえるから、ロングセラーとなったんじゃないでしょうか。

もちろん、はるき先生の生活の安定によって、テツの魅力が減り、ヤクザたちに更正を語らせることによって、はるき先生自身は社会の中に組み込まれる人生を選んだ、そのことによって、いわゆる、何巻までは面白い、という話題が出てくるようにもなりましたが。

まあ、その先は「てっちゃん」さんか、他の方に譲ります。

でも、私は思うにテツが花井にどつかれるから、怖いと思ってるとか、学歴コンプレックスがあるとか、見当違いと思うんですよね。

Re:「てっちゃん」さんへ [ にせテッちゃん ] 04/12/14 10:10
拙者が思うに、テツは実はすごく巧みな男色の使い手だったのではないかと思う。そのテクニックを武器に、さまざまな男どもを自分の手中に収めて来たのだろう。そうでないと百合根とカルメラのその後のテツに対する従順ぶりがちょっと理解できない。地獄組のボスが最後までテツになびかなかったのは、子分のケンという堅固な男色相手が既にいたからだろう。そのケンにもテツは密かに裏で手をつけていた疑いがある。だって後半ではテツの子を「チエ様」なんて呼んでいたんだぜ。ミツルはもちろんテツの最初の相手だったが、もともとノンケだったので、かなり遅くはなったがちゃんと女性と結婚してる。テツは男色をカムフラージュするためにヨシ江と結婚したが、やはり男相手とは勝手が違ってなかなか出来なかったところを、逆にヨシ江に襲われて逆レイプされてしまった。そのショックから、その後テツはヨシ江に辛く当たり家出までさせてしまったが、その後でテツは本当はヨシ江が好きだったことに気がつき、表面は渋々ながら復縁した。そんなテツの男色テクニックを伝授したのが、他ならぬあの花井拳骨先生である。小学1年から6年生までの6年間にわたって、拳骨はテツに男色のあらゆる秘儀を教え尽くしたのだ。今なら淫行条例で逮捕ものだろう。テツは拳骨の息子である渉も密かに狙っているが、拳骨が怖いので未だに手が出せないでいる。以上が男色の街である新世界・飛田界隈を舞台とした「じゃりン子チエ」の裏に秘められた歴史である。
Re[2]:「てっちゃん」さんへ [ おっさん ] 04/12/14 17:11
おもろい発言やね~、
「裏、と金紳士テツ」
そやけど、素人から見たら、あんなものをケツの穴に突っ込んだら、便秘みたいな気分になりそ、気持ち悪くない?

新世界界隈が、男色および、レズビアンの街というのは事実らしいですね。

テツホモ疑惑 [ おっさん ] 04/12/16 18:17
しばらく、チエ全巻を手に取っては、調べてみたけど、お好み焼き屋と、レイモンド飛田のゲイ的なシーンはあっても、テツや花井のゲイ的なシーンはないように思える。
だって始めて、飛田の弟が来たとき、テツはほとんどもどしそうだったし、お好み焼きやは「ワシ一遍会うてみたいな」と発言している。
他にも、テツはカルメラがエプロンを着たり、餃子を焼いたりしただけで、気持ち悪がっていた。誰も見ていないところで、言っている発言だけに自分にウソをついているわけではないし。
他のシーンを流し読みしてみても、どう考えても、

テツはホモじゃありません。

かくれホモの親父を気持ち悪いと一番思うのはチエでしょうね。でも、チエに対してそんなところを感じさせもしなかったわけだし。

Re:テツホモ疑惑 [ 新世界の住人 ] 04/12/28 13:49
百合根は酔っ払って女装したボスを「ええ女やないか~」と叫んでいたし、オカマのボス弟を「いっぺん見てみたいな」と発言したりしていたから、百合根はホモで確定だろう。

テツの方は、百合根とは違って女装したオカマは嫌いなんだと思う。ホモにもいろいろあって、女装が好きな人もいれば男らしい男が好きな人もいる。テツは百合根のような中高年男性が好きなフケ専なのかもしれない。

以前にテツがお好み焼きにやって来た男のズボンを脱がした上に、そのケツを真正面から見据えて「しっぽはどこじゃ~」とやったことがあるけど、あの行動はノンケではちょっとやらないと思うな。誰がおっさんのケツを見たいっての。
これもテツホモ説を支持する根拠の一つだろう。

Re[2]:テツホモ疑惑 [ 寅駄 ] 04/12/30 21:15
こういうのってなんか無理があるなあ。
以前あった「花井拳骨とヨシ江が出来てる」並に荒唐無稽と言うか。

大体百合根のオッサンはその時点でばくだんで悪酔いしてて、レイモンドをあくまでも「女」として認識していたんだからホモと断定は出来ない筈。
ボス弟を見てみたいというのも単純に「怖いもん見たさ」だろうし。

テツについても、ボス弟を見て吐き気を催すくらいだからホモというのは考えにくい。
タヌキ騒動の時のズボン脱がしだって、旅館の従業員のオッサンのことをテツが本気でタヌキと思っていたのは話の前後関係から十分読み取れるし。

と言うことで、誰でもいいから私がギャフンと言うような「テツ・百合根ホモ論」を書いてくれないかな・・・

テツホモ疑惑・・・? [ 39 ] 04/12/31 09:39
どなたかも書かれていましたが・・・本当に荒唐無稽ですね。ちょっと目新しい見方を書いてビックリさせたいだけというか、ハッタリというか。拳骨先生の小児性愛疑惑まで・・・。ごめんなさい、なんだか不愉快になりました。
もっと単純に“男が惚れる(憧れる・羨むというような意味で)男”というだけじゃだめですか。
そもそも、もとの作品でのゲイを気持ち悪いもの気分のいいものではありませんでした。もっとも、ゲイの人権にも注意するような時代ではなかったので仕方のないことと思っていますけど。
Re:テツホモ疑惑・・・? [ まつうえ ] 05/01/05 18:16
笑えないなあ。
荒唐無稽といえば [ おっさん ] 05/01/09 07:52
荒唐無稽ネタでもっと深めていくと、話は外れますが、テツの夢の中で、お好み焼き屋とヨシ江が夫婦の場面が出てきます。その中でお好み焼き屋はヨシ江が自分に似ていると発言しています。チエはお好み焼き屋の娘として出てきます。
あれは、もしかすると、お好み焼き屋とヨシ江は実は家出中に結婚していた。そして、お好み焼き屋とヨシ江の血縁が近親の関係にある。その事をテツが無意識に感じ取っていたのかもしれません。
ただ、それだとタバコを吸いながら、お好み焼き屋と話をしていた、女性が誰だか分からなくなってきますが。

<< 前のページ過去ログ目次'04年のお客様関じゃり研次のページ >>