堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
はるき悦巳×村上龍 [ 真 ] 05/02/24 04:26
はるき悦巳と村上龍の対談が載った雑誌を発見しました。
「小説アクション」創刊号です。
対談の内容は、村上龍の「じゃりチエ」熟読談、猫の話題、レコード(ジャズ&ロック)談議、映画の好み、ヒラメちゃんについて、作品制作の手法、相撲(北の湖)の話題、作品と現実の関係について、などが語られていておもしろいです。

ところで、その中ではるき悦巳が
“「朝日ジャーナル」で原稿用紙四枚で一ぺん文章書いたことあるんよね”
と発言していました。
これって発見済みの資料の中にあるやつですかねえ?

Re:はるき悦巳×村上龍 [ はまのまさと ] 05/02/24 17:09
初めまして、はまのです。小説アクション創刊号 
1981年5/30号62P~67P??に掲載された記事の一部に書かれたモノと思いますが、出来たら済みません何ページのどの辺に書かれていたかのか教えて頂けないでしょうか?
ボクの持ってる、スクラップ資料(その部分)が飛んでしまって確認が取れないのです。

当時のはるき先生は多忙で、朝日ジャーナル辺りなら
分かれば、だいたい察しがつくと思うのですが・・
               (税務署恐い~。)

Re[2]:はるき悦巳×村上龍 [ 真 ] 05/02/26 02:25
ハイ、あなたの仰る通り「小説アクション」81年5/30号P.62~67の記事です。
該当箇所はP.67の下段始めに出てきます。その箇所以外に参考になる情報は特にありません。その発言の後は“イヤになったなあ。おれはこうやないやろとか、こう思うなんて言いたくないんよね”と続いています。

ところであなたはこの記事の存在を知っていたわけですね。

その情報をこの場で提供せずにいたのはなぜですか?
私は運良くこの雑誌が目に留まって手に入れることが出来ましたが、その巡り会わせが無ければせっかくの機会を見過ごしていたわけです。
ディープファンにとって未確認の情報がどれだけ重要かは説明するまでも無いでしょう。

あなたがお持ちのスクラップ資料には他にまだ私が知らない記事があるのですかねえ。もしあるのなら教えて頂きたいものです。
胸くそ悪いけど。

Re[3]:はるき悦巳×村上龍 [ はまのまさと ] 05/02/26 21:09
有難うございます。(何だかんだ言っても教えてくれるから↑真さんはエライ!!)

 ご質問の はるき先生が
”「朝日ジャーナル」で原稿用紙四枚で一ぺん文章書いたことあるんよね”ですが、ボクが調べた範囲では、たぶん80年11/14号の朝日ジャーナル”ことばの小径”(毎回、知識人に同じテーマで書いてもらうコラム)だと思うのですが、どうでしょう? はるき先生は、それに小題として”方言で考えるということ”と書き添えてます。


<< 前のページ過去ログ目次'05年のお客様関じゃり研次のページ >>