堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
新装版 [ いとうあきら ] 06/12/16 23:17
こんなん出てたんですね?
気がつかなかった。内容増強はあったのでしょうか?

http://www.data-house.info/book/896X.html

Re:新装版 [ 菊地馨@関じゃり研 ] 06/12/16 23:59
初めて知りました!!
版元からなんの連絡も聞いておりません。
目次からして93年に出版されたものと同じっぽいようなので、版元へ事実確認してみます。
版元へ確認をとりました [ 菊地馨@関じゃり研 ] 06/12/18 14:14
版元のデータハウスへ確認を取ったところ、中身は93年に出た「秘密」と全く同じとのことです(表紙だけが変わったようなもの)。ちなみに初版発行部数は2,000部で、93年の10分の1以下となっています。

とりあえず事前に連絡をいただければ「新装版」ではなく、93年版の本の間違い部分の訂正や、当サイトの研究論文を追加した「増補版」として出せたのに…というささやかな苦情を伝えておきました。

Re:新装版 [ 川崎市在住者 ] 06/12/18 00:08
「じゃりン子チエの秘密」を持っていないにもかかわらず、ここに書き込みしていた自分もどうかと思っていたのですが…。本日、「新装版」購入し、先程読み終わりました。それにしても今年後半になって、パチスロ機の登場、TV第一シリーズのDVDの再発売、「どら2」の単行本化、そしてこの「新装版」の発売と立て続けですよね、来年は連載終了10年をむかえますし、ファンにとってさらにまた、大きなサプライズが待っているのではと、期待したくなる展開ですね。
Re:新装版 [ とりちゃん ] 06/12/20 22:52
e-honの[出版社商品紹介]欄…いつの間にこんな内容の本になったのでしょうか?(^^;)
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031812751&Action_id=121&Sza_id=C0
Re[2]:新装版 [ いとうあきら ] 06/12/22 12:36
そんな裏テーマがあったとは!!!(大爆笑)

ちゃんと指摘あげたほうがいいんでしょうか?

…面白いからほっといたほうがいいんでしょうか?

Re[3]:新装版 [ とりちゃん ] 06/12/22 16:34
> …面白いからほっといたほうがいいんでしょうか?

個人的には、ほっておくのがいいと思います!!(笑)
# なぜならmixiの日記のネタにしてしまったからです(ぉぃ)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=298602985&owner_id=1833680

初刷部数 [ 馬牛 ] 06/12/24 15:31
 ところで、「じゃりン子チエの秘密 新装版」の初刷部数が、旧版初版発行部数の十分の一以下で二千部とのことですが、そうすると旧版の初回発行部数は数万部だったことになります。「出版幻想論」(藤脇邦夫・太田出版)中、データハウスの社長が所謂「謎本」各種を年度末に数十万部単位で処分した、と話していたように思うので、初版発行部数が上記の程度に留まったのは意外に感じます。
『秘密』本の秘密? [ 菊地馨@関じゃり研 ] 06/12/25 11:31
93年に出た『じゃりン子チエの秘密』は当初2万部の予定でしたが実際は2万5千部も刷られました。ちなみに93年9月の出版業界の業界紙の資料によると謎本の発行部数について、ブームを作った『磯野家の謎』(飛鳥新社)が続編も含めて256万部、『サザエさんの秘密』(データハウス)が続編も含めて71万部、『ドラえもんの秘密』(データハウス)の56万部が、ずば抜けて多く発行され、その他の謎本は多くても10万部台にとどまっていたようです。しかも10万部を超えた謎本は当時刊行された41点のうち10点しかなかったようです(93年9月現在)。

数十万部処分したとなると、予想に反して売れなかった謎本があったということかもしれませんね。

処分といえば、実は『じゃりン子チエの秘密』が書店に出回りはじめた頃、乱丁本が見つかり全国の書店に並んだ本のうち、おそらく1万部以上が回収されています(回収前に売られた本は、そのまま読者の手に渡っているようです)。乱丁が見つかった直後から、新たに刷り直していますので実際は発行部数以上の『じゃりン子チエの秘密』が出回っていたと思われます。

ところで今回の「新装版」についてですが、データハウスの担当者様の話によりますと、当時、好評だったコミック研究本を新装、復刻しているとのことです。新装版では「コミック研究本」ではなく「日本コミック研究全集」というジャンルになっていました。

『じゃりン子チエの秘密』に関して言えば、現在は原作も完結しているだけに、93年のまま再版したのは、やはり残念ですね。新装版の売れ行きが好評で、続編が出せればいいのですが。


<< 前のページ過去ログ目次'06年のお客様関じゃり研次のページ >>