堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
テツは山際刑事に負けたのでしょうか [ コー ] 10/03/10 07:55
64巻に出てくる山際元刑事についてですが彼は作品上で初めてテツを喧嘩で負かしたのかなと、読んでて少し寂しくなりました。丁度原作も終焉間近でしたし。

闇討ちでいきなり殴られるたという事から、状況が圧倒的に不利だったとはいえ、数回に亘って布団に籠もり、チエちゃんに慰められて涙ぐむ等、精神的にも参っていた事から凄い敗北感が漂っていてケンカが強いテッちゃんが好きな自分の方も読んでいて悲しくなりました。
また、テツだけがあまりに一方的に殴られている事からもしかしたらガチンコで負けたのかもしれないとゲスな勘ぐりまで…

山際元刑事の方はチエちゃんの店の常連客をボコボコにしたり、テツを半殺しに遭わせて後でどれだけ酷い目にと思いきや、ヤクザ裁判1回に利用された後2、3発殴られただけで釈放。
これまでのやられたら徹底的にやり返すという雰囲気が無いまま呆気なく終ったのもスッキリしませんでした。

果たしてテツは普通の状態で山際刑事と闘っても勝てていたのでしょうか?

Re:テツは山際刑事に負けたのでしょうか [ 堺のテツ ] 10/03/11 23:33
コーさん、はじめまして。
山際と風貌が似たキャラクターがいます。応援団長の一霧。
彼は木刀でテツを一撃で倒しましたね。メチャメチャな部分もありましたが、純粋で憎めないキャラでした。
それに引き換え、山際はヤクザから収賄するなどずる賢く卑怯な人物。結局はチエちゃんの一撃でノックアウト。
テツも、テッテ的にやり返すだけの価値がないと感じて、公開有料裁判という飛田のアイデアに乗ったんじゃないでしょうか。
Re[2]:テツは山際刑事に負けたのでしょうか [ コー ] 10/03/12 12:37
>山際と風貌が似たキャラクターがいます。応援団長の一霧。
>彼は木刀でテツを一撃で倒しましたね。メチャメチャな部分
>もありましたが、純粋で憎めないキャラでした。

初めまして、団長はテツと喧嘩で対等に渡り合った人物として自分も強く印象に残ってます。テツとの決闘はアニメ第一期のラストを飾った事もありじゃりン子チエの格闘シーンにおけるラスボスというイメージがあります(笑)

行き過ぎる程マジメですが純粋に心身共に強いキャラでしたね。こういうキャラにならテツが一度はやられるのも仕方ないなと諦めがつくんですが。

>それに引き換え、山際はヤクザから収賄するなどずる賢く
>卑怯な人物。結局はチエちゃんの一撃でノックアウト。

ここまでは良かったんです、あ、これで捕まったと思って。


>テツも、テッテ的にやり返すだけの価値がないと感じて、
>公開有料裁判という飛田のアイデアに乗ったんじゃないでしょうか。

これが物足りなかったんですよね。原作ももう終りそうな時期だったし、はるき先生もお年だったのであまり激しいアクションシーンや無茶苦茶な描き方する事が出来なくなってきてたのかもしれませんが直接テツがボコボコにしなくても、ひょうたん池に沈めて水責めにしたり、チエちゃんの店のボコボコにされた常連客にホルモン一串食べる事に山際刑事を一発ドツかせたり相応の処置がしてほしかったんですよね。
公開裁判もテツのアイディアではなくレイモンド飛田の提案でしたし。

自分の中でテツが一番恐いな~と感じたのは14巻で自分をバカにしたヤーサンを小学校の講堂下に監禁して花井先生に見つかるまで延々とどつき続けたやつです。

ああいうヤーさんや悪人には無茶苦茶なテツが好きだったのに、金稼いで適当に極悪人を逃がす展開がちょっと悲しかったんですね。

それにしてもじゃりン子チエの64巻は後半の話の中でも特に異色でした。この作品はみんな歳を取らず、誰も成長しない設計ですが、髪型の変わったチエちゃんの寝顔を見ながら「ドングリみたい」と幸せそうにヨシ江はんと話す様子や、喧嘩でボコボコにされて布団の中で涙ぐ姿を見てテツの老化を感じました。やっぱどんな人間でも歳には勝てないんですかね。


<< 前のページ過去ログ目次'10年のお客様関じゃり研次のページ >>