堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
ご挨拶 [ 鈴原千陽 ] 98/01/23 23:57
初めまして、鈴原千陽(すずはらちはる)と申します。
最近ふとしたことでじゃりン子チエのことを思いだし、HPを探してみまして…こちらにお邪魔させていただきました。
私は生まれも育ちも九州で、じゃりン子チエは初代の本放送と88年の再放送アニメで出会いました(さすがに小学生でアクションは読みません(笑))。
かなり前のことでしたが、強烈な印象は今でも残ってます、特に花井拳骨先生がテツをどつく所!因みに88年の再放送の時、小学校のクラスで唯一「カブ」を知っていた私は、アニメが話題になったのも手伝って皆に教えて禁止令が出るまで学校ではやらせた経験があります(笑)。

原作はそういう訳で恥ずかしながら今年になって買い始めました。まだ頭から読み始めたばかりですが、懐かしさも手伝って大いに笑わせて頂いています。アニメのストーリーはほんの一部とのことで、今後の展開が楽しみです。
皆様今後とも宜しくお願いいたします。

山形から [ ふせん ] 98/01/26 13:25
みなさん、はじめまして。
ひょんなことから『じゃりン子チエ』にはまってしまいました。
古本屋さんで見つけては少しずつ買っています。
なんというか、ぼくは新潟県で育って、今は山形県に住んでいますが、大阪というのは、なんだかぼくの頭で想像したぐらいでは追いつかない気がします。
はじめまして。 [ ほよよん ] 98/02/08 22:13
15年余りファンだったチエちゃんが終わってしまって残念です。
でも、ここを見ているとさみしさが和らぎ、同じファンの人がたくさんいてうれしいです。
末永く続けて下さいね。
はじめまして。 [ aki ] 98/02/19 16:19
最近「じゃりン子チエ」のファンになった者です。と、思ったら、もう完結してしまったのですね。残念です。
ですが、何度読んでも面白いので、これからもファンであることには変わりないです。

私は関東の出身ですが、「じゃりン子チエ」では、徹底的に大阪弁ですね。で、最初はそれが面白い要因なのかな?と思ったのですが、どうもそれだけではないような気がします。
なんというか、ヒトのぬくもりが感じられるというか…なんといったら良いのでしょうね。

ところで、マンガ本の最終巻に近づく連れて、話の質というのか、何というのか?
"最初のころ"と違うなぁ、と感じたのですが…。気のせいでしょうか?

Re:はじめまして。 [ 長友 馨 ] 98/02/19 23:54
> "最初のころ"と違うなぁ、と感じたのですが…。

僕もそう感じています。20巻前半あたりまでは、人間模様みたいなのがきめ細かく織り込まれていたと思います。
しかしそれ以降は、とんでもないやつ(猫)がやってきて→大騒動→どうにか収まる

というパターンが多いですね。こんな言い方しちゃ身も蓋もないし、漫画としてはもちろん面白いんだけど。
それと後半は、チエの文句なしの笑顔が乏しくなってるような気も。


<< 前のページ過去ログ目次'98年のお客様関じゃり研次のページ >>