堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
感動(T-T) [ 伯明 ] 98/03/03 22:13
感動(T-T)こんなページがあったなんて探してみよう、とも思ってなかったですよ(あまりにもインターネットと「じゃりン子チエ」がかけ離れていて)
フリークとしては、涙ぐんでしまうくらい嬉しかった
Re:感動(T-T) [ ふーきゃん ] 98/03/04 23:29
伯明様 いらっしゃいませ、実はわたしも検索でこのページを知って感動した一人です。
そうですね、たしかにインターネットとは無縁な感じのする世界だ(笑)
ところで伯明ってどうお読みしたらいいんでしょうか?(^-^;)
Re[2]:感動(T-T) [ 伯明 ] 98/03/05 22:36
大阪では、まだチエちゃんが現役なのにも驚きます。アニメは再放送で、10年くらい前に見たきりなのに大阪では未だに放送してるんですね(^^;

> ところで伯明ってどうお読みしたらいいんでしょうか?(^-^;)

本名の下の部分なんですけど、はくめい、で構わないですよ。自分で入力するときもそうしてますし

はじめまして [ やんさん ] 98/03/06 22:12
先月の終わりぐらいから"ちえちゃん"と仲良しになりました。毎週毎週少しずつですが単行本をあつめてます。
新人です。どうぞよろしく
をを~(^o^) [ きどん ] 98/03/12 10:24:59
はぢめまして!友達の絢女ちゃんに誘われて来てみました。
もー、じゃりン子チエが大好きで大好きでたまらん、ホンマはネイティブ関西人なんやけど(^^;、今はワケあり関東在住のきどんと言います。
こんなサイトがあったなんて!!と、今、感涙しております。うるうる(;_;)
どのくらいわしがじゃりン子チエにハマっているかと言いますと、まず
  • 1巻から読み始めて、その時出ている最新巻まで行くと、また1巻に戻って最初から読む
  • 97年度の一番悲しかった出来事は「じゃりン子チエ」が終わってしまった事である
  • 座右の銘は、テツの名言「人生は一日一日が完結編なんじゃ」
  • じゃりン子チエのコミックスを片手に持って移動しないと、落ち着かない
  • 東京はじゃりン子チエのアニメの再放送をしてくれないので、見る番組がない
  • ファミコン版じゃりン子チエが出た時、マジでコナミの入社面接を受けようと思った(ちなみに当時わしは大阪の某ゲームメーカーに勤務していました)
  • そのファミコン版は今でも宝物にしている。
  • あぁ書き出したらキリがない(^^;
…てな感じですわ。
関東では、イマイチ「じゃりン子チエ」の待遇が低くて、すっげーそれが不満です。
コミックスの新刊も、でっかい書店じゃないと手に入らなかったし。

ところで全然関係ないけど(^^;
「カルメラ亭」の新装開店の日って、実は例の震災の日だったのね…(^^;

http://member.nifty.ne.jp/ruririn/japanese2.html

Re:をを~(^o^) [ とりちゃん ] 98/03/12 23:06
カルメラ亭開店の日から震災の日を思い出せるとは、似非関西人には真似の出来ない芸当です。神戸市民として、すごく嬉しいです。

> 東京はじゃりン子チエのアニメの再放送をしてくれないので、見る番組がない。関東では、イマイチ「じゃりン子チエ」の待遇が低くて、すっげーそれが不満です。コミックスの新刊も、でっかい書店じゃないと手に入らなかったし。

関西人にとって拷問ですね。関西人の生存権を剥奪しているのと同じです。その分、これからも「関じゃり研」のページで楽しんでいってください。

「じゃりン子チエ」が実写、連ドラになれば、ぜひ、きどんさんに音楽をプロデュースしてもらいたいですっ…。(私に権限はないですが…)

最後に、私の座右の銘
「人間はションベンしてる時が一番無防備なんやど」
(きっと「ゴルゴ13」も座右の銘にしていると思う)

私の座右の銘 [ 森 絢女 ] 98/03/13 01:45
「明日はまた明日の太陽がピカピカやねん」

これを読んで以来「じゃりン子チエ」は私の心の書でした。
東京に住んでいたとき、大阪(阿倍野)に帰りたなると「じゃりン子チエ」を読み返して心を落ち着かせてました…。
最近ではそれに「大阪豆ゴハン」も加わってたけど、でも、やっぱり阿倍野に帰りたくなると尼崎に越してきた今でも「じゃりン子チエ」を読み返しています。

http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1967/

音楽ネタ? [ きどん ] 98/03/13 05:59
だうも>とりちゃんさん(^o^)
ビデオ発売日の情報、だうもです~(^o^)。
ところで

> 「じゃりン子チエ」が実写、連ドラになれば、ぜひ、きどんさんに音楽をプロデュースしてもらいたいですっ…。(私に権限はないですが…)

うんうん、わし、そんな仕事が出来たら、死んでもいいっす(マジ)。
音楽と言えばねい、アニメの81年版と91年版では、作曲者が違うのですねい。それぞれに違う雰囲気があって、ハマっていて、どっちも好きなのですが91年版の方の、中村暢之さんの作品には、個人的に好きな曲が多いです。

…ぢつは、ダウンタウンの「ごっつええ感じ」に出てくる「やすしくん」というコントがあるのですが、その、サウンドロゴに、じゃりン子チエのサウンドトラックCDの2曲目「よっしゃ」の一部が使われているのでした。

そういえば、ファミコンの「じゃりン子チエ」には、おバァはんが首を吊るという、大バグがあった事を思い出してしまった(^^;。

http://member.nifty.ne.jp/ruririn/japanese2.html

えー>とりちゃんさん(^o^) [ きどん ] 98/03/13 06:34
> 関西人にとって拷問ですね。関西人の生存権を剥奪しているのと同じです。

そうなんですわ~。こちらでは「両さん」が幅を利かせていますからねい(^^;
(とくにわしの住んでる、下町の方では…(^^;)
うぅぅ、じゃりン子チエキーホルダー欲しいぃぃぃぃぃぃ!!!!!

http://member.nifty.ne.jp/ruririn/japanese2.html

Re:をを~(^o^) [ 菊地馨@関じゃり研 ] 98/03/13 07:43
ひぇ~~。昨日から今朝にかけて、すごい書き込み。読むだけで大変。
森様、当サイトをご紹介いただきありがとうございます。
きどんさんは、完全に「関じゃり研」にハマってしまったようですね。

「じゃりン子チエの秘密」まで、お読みいただいていたとは。なんとお礼を言っていいのか。
これからも、よろしくお願いします。

単行本の話。 [ 伊藤 顕 ] 98/03/13 15:17
東京に限らず、「じゃりン子チエ」のコミックスはなかなか売ってない。廃刊にはならないので注文すれば入手できますけど。その中で、何故か全巻揃っている本屋がかつて愛知県にありました。

じぶんはそこでコミックスの大部分を買ったのですが、自分の買った巻は補充される事はなく、次第にその本屋からコミックスが減っていきました。

進学の関係で長野に越してきてから、全国どこでもじゃりン子チエの新刊を仕入れる所が判明。それは「キヨスク」。何故かキヨスクにだけは、毎回どこの本屋よりも多くのコミックスが仕入れてありました。

ビッグコミックは短編集出してくれんかなあ。「力道山」「ガチャバイ」(昔の方)「右向け右!」「甚太」「すがすがしい…」あと去年の1月頃載ってたというやつとか、まだまだあるかも。双葉社も「舌町物語」復刊させてほしい。


<< 前のページ過去ログ目次'98年のお客様関じゃり研次のページ >>