堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
ヤクザ考 [ ふせん ] 98/04/20 19:44
『じゃりン子チエ』では、ヤクザという存在が前提になっています。
どうもヤクザというと、ぼくは『仁義無き戦い』とか『夜逃げ屋本舗』とか『サンクチュアリ』なんかを思い起こしてしまいます。
『じゃりン子チエ』は主に大阪が舞台だと思うけど、大阪にはやくざがいっぱいいるんだろうか。
山形のヤクザと、大阪のヤクザは、やっぱりなにか違うような気がする。ヤクザはどこにでもいると思うけど、大阪はなんか本場!って気がするな。
21巻193ページの「お…押入れはこわい見つかったときに逃げ場がないもん」というセリフは、兵学の視点?からみて、正しいと思う。
ヤクザ考から大阪学 [ 伯明 ] 98/04/20 20:23
むかし修学旅行で、大阪に行ったとき、駅を出て一番最初に見たのがスキンヘッドのおっさんでした。これぞ大阪!というくらいの……間違いなくヤクザですな。
そういう経験から、私には持論があります。
大阪は、日本中の人が思っている以上に大阪
大阪の人が否定しても、大阪はみんなのイメージ以上に大阪しているっ
街は食い倒れで、おばさんは豹柄で、タクシーは仁丹の匂い、野球は阪神、将来の夢は吉本……
しつれいしましたっm(_ _)m
ジュニアはいま、ノイローゼのまっただ中かな?
大阪を感じるとき [ 長友 馨 ] 98/04/20 22:46
>おばさんは豹柄
たしかに多いです。別に比較したわけではないけど、日本の平均よりは確実に多いと思う。
スキンヘッドのおっさんはちょくちょく見ますが、必ずしもヤーさんとは…。目つきしだいでしょうな、これは。
こないだ大阪を感じたのが、屋根とか雨樋を直す工務店かなんかの移動用の車があって、車体の横に電話番号が描いてあるのを見たときのこと。xxx03-4989という番号で、語呂合わせが「おっさん四苦八苦」と大書してあります。
「03」を「おっさん」とあててるのが泣けてきますね。営業用の車にでかでかと描いてあるのも、他の土地ではなんというかフィットしないと思う。
大阪のヤクザ…。 [ 森 絢女 ] 98/04/21 01:51
大阪にやくざが多いのか?
う~ん、見るからにって感じの人は大阪には多いけど、でも実際には全然普通の自営業のおっちゃんだったりする場合も多いので何とも言えませんねぇ…。
見た目がヤクザしている人は多いかも…。
でも私は東京は西新宿の、一見普通のサラリーマンのやくざの方が怖かったし、遭遇する機会はそういう人の方が多いような気がした…。
そういえば、かつて阿倍野に住んでいたときには、ミナミには自転車で行っていたんだけど、新世界のど真ん中を女子大生がミニスカートで自転車漕いでいるのは違和感だったろうなぁって思う。
今の新世界だとそうでもないかもしれないけど、あの頃はまだまだ怖かった…らしい。
ほとんど毎日その辺をうろうろしてると、感覚まひしてなんとも感じなかったのだ…。
西成が怖いと思ったこともないもんなぁ…。
まぁ、一人であいりん地区に足を踏み入れたことはなかったけど、一人じゃなかったらある。
おまけに、よく飛田の百番本店で飲み会してたから、かつての赤線街の雰囲気を残す道を平気で歩いてたし…。
そうだ、もし『関ジャリ研』で飲み会でもすることがあれば飛田の百番本店でしたら面白いのに。
でも、あそこは紹介者がいるんだよねぇ…。

そうそう、ずっと前だけどミナミでいつも通る道を歩いていたら、やけに警官が立っていて物々しいなぁって感じのところがあったんだけど、よくよく見てみたら某ひし形マークの組の事務所前だった…。(^_^;;;;
よくその横にあったハンバーガー屋で何時間も暇つぶししてた私って…。(^_^;;;;

でも、大阪のヤクザって、数が多いせいか拠点が多いせいかわからないけど、例え隣合ってても、こちらから関らないかぎり向こうから絡んでくることなんてほとんどない気がする…。
東京のヤクザは向こうから積極的に絡んでくる割合が高い気がしますね。

http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1967/

Re:大阪を感じるとき [ 鈴原千陽 ] 98/04/21 22:09
>xxx03-4989という番号で、語呂合わせが「おっさん四苦八苦」と大書してあります。

そういえば今日の新聞に大阪の局番に6が付くって広告でてた。
だるまは「ムカつくorろくでなし花井のドアホ死んだらワシ泣いて喜ぶ」と変わる訳だ。

>ヤクザ考
じゃりン子チエ愛読の副作用(笑)

  • 暴力団員に愛着が湧き、悪い意味で恐怖感がなくなる。
  • 少年鑑別所を楽しい施設と錯覚する。

<< 前のページ過去ログ目次'98年のお客様関じゃり研次のページ >>