堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
ば・く・だ・ん [ ふせん ] 98/09/24 10:02
先日、ちょっとしたきっかけで『どくとるマンボウ医局記』(北杜夫著)を読んでいたら、「ばくだん」のことが書いてあった。

中央公論社版55ページ
…慶応神経科の医局員にしても、金がないため、もっぱらそういう場所で安酒を飲んでいた。焼酎にしてもいわゆるカストリである。カストリにも種々あって、もっともひどいのはバクダンと称せられていた。これは悪臭がして鼻をつまんで飲まなければならぬ。…

うーん。気持ち悪い。二日酔いのせいかな。

ばくだん!! [ アキバ ] 98/09/24 12:51
ふせんさんの読んだ話と同じようなこと聞いたことあります。随分前でどこで聞いたのか忘れたけど…。
とにかく、「臭い」ということいってなぁ(誰がいってたのか・・・う~ん)。

ところで、チエちゃんのお店では、ばくだんって何本常備してるんだろう。百合根さんが飲みの来るとすぐ無くなってる気がするが…。

Re:ば・く・だ・ん [ 伯明 ] 98/09/24 19:47
昔学校の講師が酒について話したとき、闇市の酒は非常に質が悪くて、悪酔いをする酒の発酵を早めるためにウンコなどを混ぜていたようだ、と言っておりました。
以上の酒がバクダンである場合、蒸留酒ならまだいいのですが、醸造酒であった場合、そのまま出てくるわけで…ウンコ酒とバクダンが無関係であることを祈ります(^^;
Re[2]:ば・く・だ・ん [ 泉谷勝 ] 98/09/26 10:11
ばくだんについて私が何かの本で読んだ話によると、出てきたのはやはり戦後のヤミ市からのようで、原料はなんとガソリンだそうです。

「ばくだん」という商品名(?)もここからきているみたいですね。
そのためコップに入れると表面に七色の模様(よく道路上にガソリンがこぼれている時に見ることができるあの模様)がテラテラと浮いていたそうですよ。

ただし、この話の「ばくだん」と、じゃりン子チエに出てくる「ばくだん」が同一の物なのかどうかはわかりません。
まあ、たぶん別物でしょうね。要は密造酒ですからこんな物一升瓶に入れて市販するわけがないでしょうから。


<< 前のページ過去ログ目次'98年のお客様関じゃり研次のページ >>