堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
蒸し返し [ テツのひげ ] 02/06/09 03:25
「じゃりン子チエ」ははるき先生が描いていますが、じゃりン子チエの登場人物の思考は創造者にすらはっきりと分からないと思います。はるき先生は、平社員Aさんが言うように「「恋愛」や「青春」を真っ向からシリアスに描くことを意識的に避けている」とも思います。以下、「したがって、チエの恋物語もついに描かれることはなかったのです。つまり、チエの恋愛対象になるような男は、本来、作品中に「存在してはならない」のです。チエ曰く「ウチは男運が悪いねやろか ロクな男が集まらん」(第1巻第15ページ)とのことですが、「ロクな男が集まらん」のは、作者がそのように仕向けているのです。」

なかなか、面白い見解だと思います。
でも、「はるき先生をつかまえて問い詰めて」も、平社員Aさんの求めている回答は得られないと思います。それは、平社員Aさんの考えがはるき先生と違うからではなく、はるき先生にも分からないことだと思うからです。

私は、過去ログを読んでチエちゃんの恋愛対象を考える事自体が間違っていると、平社員Aさんが言われているような印象を受けました。(意味不明なことを書いていたらすいません)。チエちゃんの心は作品の中で形成されていき、その心を知るにはチエちゃんの一挙一動を冷静に見つめなければ分からないことだと思います。しかも、どんなに考察したところで、「~だろう」で終わってしまうことだとも思います。でも、それこそが一番大切な研究であると思います。それは、一人の論文で決着するものではなく、たくさんの人が意見を交わすことでより真実に近づけるものであると思います。

私もバッシングを受けてしまうかも知れませんが、どちらかというと平社員Aさんの意見に納得できる部分が多々ありました。そして、平社員Aさんは言葉使いの注意をされているのに、その考え方を否定されているように捉えているのではとも思いました。管理人様は、催促しないと言っていましたが、私は催促します。

ウチ、はよ論文読みたいワー。

Re:蒸し返し [ 灰江奈(元平社員A) ] 02/06/13 22:12
 期待してくださっている方に対しては、執筆作業が遅れていることをお詫び申し上げます。(自分の頭の中ではほとんど完成しているのですが、それを形にするのが大変です。)
 具体的にいつ完成するかは、最初から申し上げているとおり、全く確約できません。持病のノイローゼとも闘いながら書かねばならない上、私的都合により、年明けから半年間くらいは執筆作業に手をつけるわけにいきません。

 しかし、締め切りがないとはいえ、無制限に引き延ばすわけにもいかないので、今年中を目標に、遅くとも来年中に、とは考えています。といっても、あせって粗雑なものを書くのではなく、じっくり良いものを書きたいという気持ちもあります。

 なお、元発言でも言われているとおり、「研究」とは、どれほど突き詰めても終点には達しないものです。したがって、「どこにも文句の付けようのない完璧な研究論文」などは、そもそも書けるはずがない、とも思います。しかし、自分にできる最善を尽くすことは約束いたします。

付記 [ 灰江奈 ] 02/06/28 08:27
 とりちゃん様
 この機会に申し上げますが、「腑に落ちない」とおっしゃっている点については、論文中で私なりの回答を提出する準備があります。
 申し訳ございませんが、完成までお待ちください。

<< 前のページ過去ログ目次'02年のお客様関じゃり研次のページ >>