堅気屋倶楽部
  • このページは「関西じゃりン子チエ研究会」の掲示板「堅気屋倶楽部」の過去ログです。
  • 過去ログの性質上、投稿された情報が無効になっていたり、参考となるウェブサイトへのリンクが切れている場合があります。
カルメラでご機嫌を伺うとしましょう [ 長友 馨 ] 98/02/15 19:36
お好み焼きの作り方は原作に詳しいのですが、お好み焼きだけでは物足りないあなたのために、下記のURLを贈ります。カルメラの作り方です。

カルメラがおたまで作れるのは何かで読んで知っていましたが、このようなページがあるのは、さすがインターネット…
で、このページによるとキザラ、重曹の他に卵白を入れるのだけど、これってありなんでしょうか?なんか「キザラだけ」という印象があるんですが。
なお、このページは理科の実験の一種として書かれているので、温度計なども用意するよう指示がありますが、この辺はあるに越したことはないけど不要でしょう。
さて、長友は卵白を使わず、さらに重曹の代わりにベーキング・パウダーで作ってみました。

昔、重曹は蒸しパンなんかを作るのに「タンサン」と書かれた小さな箱で売ってたと思うのだけど、見あたりませんでした。薬局などにいけば、確実に手にはいるそうです。
さて材料を端折ったせいもあるのでしょうが、なかなかうまくいきません。カルメラの弟分の気持ちがよく分かります。それでも失敗を繰り返すうちに、ひしゃげたカルメラのようなものはどうにかできました。

コツは、粘りけのある泡が出るまで、じっくり火にかけることかな。それと、ベーキング・パウダーはたっぷり使った方が良かったです。重曹では分からないけど。

どうでもいいことですが、プレーン・ヨーグルトを用意しておくと、失敗作を無駄にしなくて助かります。コーヒー等に砂糖を入れる人は、そっちに使ってもよいでしょう。
大半は家庭にある材料/道具でできるので、休日にすることがないときなど、一度おためしあれ。気が向けば、僕も重曹を手に入れて再チャレンジするつもりです。ザラメも余ってるし。
http://www.katsurao-jhs.katsurao.fukushima.jp/RIKA/NARU/007/naru007.html

Re:カルメラでご機嫌を伺うとしましょう [ とりちゃん ] 98/02/15 23:07
ああっカルメラが出てる。いつか、ネタに困ったらやろぉと思てたのに…。
しかし「卵白」をいれるとゆうやり方は、初めてです。

ちなみに「ベーキングパウダー」と「重曹」は基本的に同じ物です。
でも、カルメラには、やっぱり純度が高い「タンサン」を使いたいところですね。

うーむ、あと残されたのはホルモン焼だけか。究極のホルモン焼を、美食倶楽部…じゃなくって、堅気屋倶楽部に出すには、ちょっと難易度が高いですねぇ。
材料は簡単に入手できるとしても、タレの調合や焼き加減は、お好み焼ほど、ええ加減に出来んしなぁ…。

Re[2]:カルメラでご機嫌を伺うとしましょう [ きくちかおる ] 98/02/16 07:56
「秘密」本を書いた直後に読者の方から「カルメ焼キット」なるものをもらいました。
世の中にはいろんな商品がある物だと感心しました。といっても内容は、銅製の大きな「オタマ」とキザラ、重曹だけでしたが、結局、カルメラは作らずに、キザラを紅茶に使って、あとは、どこかにいってしまいました。(贈呈者が、ここを見ていないことを祈る!!)

ちなみに「カルメラ」のルーツは海原雄山に出ていただくまでもなく「秘密」186頁にあるのでテッテ的に極めたい方は参考にしてください。

しかし「カルメ焼きはなぜふくらむ」(さ・え・ら書房高梨賢英著)という本まであるとは、恐るべしカルメラ業界!!


<< 前のページ過去ログ目次'98年のお客様関じゃり研次のページ >>